研究概要

 

薬品部

生物薬品部

生薬部

再生・細胞医療製品部

遺伝子医薬部

医療機器部

生活衛生化学部

食品部

食品添加物部

食品衛生管理部

衛生微生物部

有機化学部

生化学部

安全情報部

医薬安全科学部

【安全性生物試験研究センター]

センター長

毒性部

薬理部

病理部

変異遺伝部

安全性予測評価部

【薬物応答予測プロジェクト】

 

再生・細胞医療製品部 再生・細胞医療製品部のホームページへ

 近年の再生医療や幹細胞に関する研究の急速な進展によって、人工多能性幹細胞(iPS細胞)、胚性幹細胞(ES細胞)、培養体性幹細胞などの細胞から成り、再生医療・細胞治療で使用することを目的とした医療製品(細胞加工製品)の開発が行われるようになり、これまで不治とされていた難病や疾患の治療に大きな期待が寄せられている。

  再生・細胞医療製品部では、これらの先端的な細胞加工製品の品質・安全性・有効性を確保するための試験法の開発と評価、ならびにこれらに関連する基礎的研究を行っている。

iPS細胞、ES細胞、体性幹細胞等を利用した細胞加工製品の品質・安全性に関する基礎的な研究を行っている。(写真は、(i)ヒトiPS細胞、(ii)ヒト骨髄由来間葉系幹細胞、(iii)ヒトiPS細胞由来網膜色素上皮細胞、(iv)ヒトiPS細胞由来心筋細胞)

ヒト細胞と医用材料などを組み合わせて製造される細胞加工製品の品質・安全性に関する基礎的研究を行っている。(写真は、純チタン上でヒト幹細胞を培養して骨分化誘導について検討した例)

DNAマイクロアレイやreal-time PCR装置等を用いて、細胞加工製品の品質・安全性に関する基礎的研究を行っている

マウス微小ウイルス(MVM)は細胞加工製品に迷入する可能性のあるウイルスの一つである.細胞から精製した核に蛍光標識したウイルスが直接侵入している

 

▲ページトップへ