研究概要

 

薬品部

生物薬品部

生薬部

再生・細胞医療製品部

遺伝子医薬部

医療機器部

生活衛生化学部

食品部

食品添加物部

食品衛生管理部

衛生微生物部

有機化学部

生化学部

安全情報部

医薬安全科学部

【安全性生物試験研究センター]

センター長

毒性部

薬理部

病理部

変異遺伝部

安全性予測評価部

【薬物応答予測プロジェクト】

 

病理部 病理部のホームページへ

 医薬品、農薬、食品添加物、環境化学物質等の安全性を確保するために、実験動物にこれら化学物質を投与し、種々の臓器・組織に対する有害作用を病理組織学的、血液学的、血液生化学的手法を用いて、総合的に評価している。また、各種化学物質により発生した病変の発生機構を、コンピュータ画像解析、免疫組織化学的解析さらにはマイクロダイセクション、マイクロアレイ等を用いた分子生物学的解析により研究し、ヒトに対する外挿を行っている。さらに、各種遺伝子改変動物を用いた解析、毒性病変や発がん発生の分子メカニズム解析、発がんの促進・抑制要因や、新しい試験法の開発などの研究を行い、ヒトの健康を維持するための基礎的データの提供を行っている。

病理組織診断についてのカンファレンス

組織局所における遺伝子発現解析のためのマイクロダイセクション法による特異的部位の採取

通常のHE染色標本(左)のほか、病理診断をより確定的にするために行う免疫組織化学標本(右)

組織標本作製におけるミクロトームを用いたパラフィン切片の薄切

 

▲ページトップへ