研究概要

 

薬品部

生物薬品部

生薬部

再生・細胞医療製品部

遺伝子医薬部

医療機器部

生活衛生化学部

食品部

食品添加物部

食品衛生管理部

衛生微生物部

有機化学部

生化学部

安全情報部

医薬安全科学部

【安全性生物試験研究センター]

センター長

毒性部

薬理部

病理部

変異遺伝部

安全性予測評価部

【薬物応答予測プロジェクト】

 

変異遺伝部 変異遺伝部のホームページへ

 医薬品、食品関連物質、工業化学物質等、生活環境に存在する様々な化学物質の安全性評価の一環として、遺伝毒性に関する試験・研究を行っている。細菌を用いる復帰突然変異試験、ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験、マウスリンフォーマTK試験、げっ歯類を用いる小核試験、トランスジェニック動物を用いる遺伝子突然変異試験等の標準的な試験法に関する改良・標準化をはじめ、新しい試験法の導入・評価を行うと共に、得られた結果の評価、解釈も行っている。さらに、遺伝子突然変異や染色体異常誘発のメカニズムを解明するための研究を行っている。

デジタル顕微鏡でプラークを観察しているところ

トランスジェニックマウスを用いた突然変異の検出

ライブセルイメージングによる小核の形成(左,中央)と運命(右)の観察

 

▲ページトップへ