安全性生物試験研究センター

センター長室



 
 安全性生物試験研究センター(略称:安全センター)は、4部・1省令室(毒性部・薬理部・病理部・変異遺伝部・総合評価研究室)から構成され、医学・獣医学・薬学・理学を主とするライフサイエンス関連の研究者が業務に従事している。その使命は生物(動物、細胞など)を用いた試験およびそれに関連する研究を実施することにより、医薬品、化粧品、食品、食品添加物、農薬、家庭用品などを含む生活関連化学物質の安全性評価にあずかることにある。

1978年、安全センターは国立衛生試験所(現、国立医薬品食品衛生研究所)内に設立された。その背景には、1960年代以降から生活環境に次々と導入されてきたPCBなどの化学物質による国民の健康への有害事象が社会的に注目されはじめたことが大きく反映しており、その行政的な要求に対応するための組織であるといえる。このような経緯から、安全センターの研究者は本来の試験研究業務以外に、その専門性を請われて厚生労働省の薬事・食品衛生審議会や内閣府の食品安全委員会などの専門委員として活発に行政支援を行っている。また、WHOFAOOECDなど多くの国際機関における安全性評価に対しても大いに貢献している。

安全性試験の実施に関する基準 (GLP) の策定にも、安全センターは当初から深く関与しており、現在でも医薬品・医療機器・化学物質などのGLP評価において中心的な役割を果たしている。設立当時には、最新式で堅固な動物実験施設を建設することに力が傾注され、長期間の発がん性試験を実施できる本邦有数の施設であった。最近では、HS振興財団による動物実験実施施設に対する第3者評価において第1号の適合認証を受けている。また、動物愛護の精神を考慮した動物実験を目指して活動してきた日本動物実験代替法評価センター (JaCVAM) も本年度より安全センター全体で運営にあたることになった。

 このように、安全センターは化学物質による健康被害を防止するために、主として生物を用いた安全性試験および関連する研究を通して行政の施策に直結する安全性評価を実践しており、個別の医療とは異なり、国民全体の健康を守る点において大きな存在意義を有しているものと言える。国立医薬品食品衛生研究所が掲げるレギュラトリーサイエンスの立場から、社会への還元をテーマに、今後も学会活動などを通じて、確かな情報を発信していきたいと願っている。

平成224月    

安全性生物試験研究センター長    

西川 秋佳    
 


  安全性生物試験研究センターホームページへ
  国立医薬品食品衛生研究所ホームページへ