研究概要

 

薬品部

生物薬品部

生薬部

再生・細胞医療製品部

遺伝子医薬部

医療機器部

生活衛生化学部

食品部

食品添加物部

食品衛生管理部

衛生微生物部

有機化学部

生化学部

安全情報部

医薬安全科学部

【安全性生物試験研究センター]

センター長

毒性部

薬理部

病理部

変異遺伝部

安全性予測評価部

【薬物応答予測プロジェクト】

 

衛生微生物部 食品微生物部のホームページへ

   医薬品・医療用具・食品などに汚染する微生物および産生毒素による健康被害の防止に必要な衛生微生物学的試験・研究を行っている。医薬品においては発熱や感染などを、サルモネラや腸管出血性大腸菌などの食中毒細菌およびその毒素の食品汚染は重篤な食中毒を引き起こす。また、真菌は食品等を変敗させカビ毒汚染を引き起こすことがある。カビ毒や細菌毒素は多様であり発癌や食中毒を起こすことが知られている。これらの健康被害を防止するために、これら微生物および産生毒素の迅速検出法ならびに除去・制御法および食中毒事例食品からの原因物質の究明・同定に関する研究を行っている。また、医薬品・食品微生物およびその毒素にかかわる法令策定に関する科学的根拠を提供している。

医薬品中の菌体内毒素をカブトガニ血球抽出液で検出するリムルス試験

食中毒菌の特徴を利用した効率的な検査法の開発や評価を行っている

カビの生えた輸入ピスタチオ(発癌性のあるカビ毒を含む危険性がある)

左:Aspergillus ochraceus の光学顕微鏡像
右:カビ毒を産生する真菌の一種Aspergillus ochraceus の培養コロニー

食品の変敗やカビ毒に関係する真菌の研究を行っている

 

▲ページトップへ