Home > 各室の紹介 > 第3室

各室の紹介

第3室

業務内容 ヒトを含め生体は生体外異物や内因性基質の代謝により,生体異物からの防御,あるいは生体の恒常性を保っています.当室では医薬品,および一般化学物質の代謝,および代謝を通じて起こる生体への影響を薬理学的に研究しています.

【現在の研究テーマ】
  1. 創薬支援のためのヒト肝薬物輸送と代謝を評価する安定かつ再現性に優れた細胞レベルでの試験系の提示と毒性評価への応用研究
  2. 個体の成長期における肝臓系細胞の機能解析による化学物質の健康影響評価法に関する研究
  3. ヒトiPS細胞由来肝実質細胞を用いた薬剤毒性評価技術の構築
  4. HepaRG細胞を用いたヒト肝前駆細胞の分化・脱分化切替の分子ネットワークの解明
  5. ヒト由来試料を用いた肝細胞共培養系による新規薬物性肝障害評価系の開発研究
メンバー
室長 石田 誠一
[学位] 博士(薬学)
[専門] 分子薬理学、薬物動態学、バイオインフォマティクス
[担当分野] ヒト初代肝細胞及び幹細胞由来肝細胞を用いた、薬物動態、化学物質毒性評価系の構築
非常勤職員 堀内 新一郎
[学位] 博士(理学)
短期非常勤職員 金 秀良
[学位] 博士(理学)
短期非常勤職員 黒田 幸恵
派遣研究員 石田 里穂
内田 翔子
技術補佐 奈木 照子
論文発表

Dubois-Pot-Schneider H, Fekir K, Coulouarn C, Glaise D, Aninat C, Jarnouen K, Le Guével R, Kubo T, Ishida S, Morel F, Corlu A. (2014).
Inflammatory cytokines promote the retrodifferentiation of tumor-derived hepatocyte-like cells to progenitor cells. Hepatology. 60: 2077-2090.

Zeiger E, Gollapudi B, Aardema M., Auerbach S, Boverhof D, Custer L, Dedon P, Honma M, Ishida S, Kasinski AL, Kim JH, Manjanatha MG, Marlowe J, Pfuhler S, Pogribny I, Slikker W, Stankowski LF Jr, Tanir JY, Tice R, van Benthem J, White P, Witt KL, Thybaud V. (2014).
Opportunities to integrate new approaches in genetic toxicology: An ILSI-HESI workshop report. Environ Mol Mutagen. doi: 10.1002/em.21923.

Kim SR, Kubo T, Kuroda Y, Hojyo M, Matsuo T, Miyajima A, Usami M, Sekino Y, Matsushita T, Ishida S. (2014).
Comparative metabolome analysis of cultured fetal and adult hepatocytes in humans. J Toxicol Sci. 39: 717-23.