Home > 業務・研究内容 > 研究テーマ

業務・研究内容

研究テーマ

部長室

詳細は部長室 HP をご覧ください。

1. ヒトiPS分化細胞を利用した医薬品のヒト特異的有害反応評価系の開発・標準化
2. ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた安全性薬理試験法の確立のための大規模検証実験の実施
  Japan iPS Cardiac Safety Assessment
3. ヒトiPS細胞由来血管内皮細胞及び神経細胞を用いたin vitro血液脳機関門モデルの開発及び脳内移行性を包括した
  神経毒性評価系の構築
4. 生後神経回路の機能的影響評価指標に関する研究
5. 違法ドラックの中枢神経シナプス作用に関する薬理的評価法
6. 光学測定を用いた扁桃体内部の局所回路の解析

第1室

詳細は1 室 HPをご覧ください

ヒト iPS 細胞由来神経細胞の創薬での実用化をめざす研究

1. 中枢神経系 in vitro 安全性・毒性評価系の開発
2. ヒト iPS 細胞由来神経細胞標本を用いた薬剤毒性評価技術の開発
3. ヒト iPS 細胞を用いた有用な医薬品創出のための基盤技術開発研究

新しい中枢神経系安全性評価系の開発およびその試行に関する研究

4. 発達成長期ニューロン・グリア新生への化学物質の影響評価
5. 食品中化学物質への胎生~新生期曝露が情緒社会性に及ぼす影響評価手法の開発
6. ナノマテリアルの神経細胞機能・分化に与える影響に関する基礎的研究

グリア細胞の新しい機能、創薬応用性に関する研究

7. グリア型グルタミン酸トランスポーター新規調節機構の解明
8. 中枢神経発達におけるミクログリアの生理的な役割の解明

第2室

詳細は2 室 HPをご覧ください

ヒトiPS細胞を用いた医薬品の心臓安全性評価系の構築

1. ヒトiPS細胞から心筋細胞の作成技術の開発と標準化
2. 成熟したヒトiPS細胞由来心筋細胞の開発と創薬・医療への応用
3. 多点電極システムによる医薬品の催不整脈作用の評価法の開発と国際標準化

癌幹細胞を用いた医薬品の有効性評価系の確立と革新的医薬品への展開

4. 脂質による癌幹細胞の新たな増殖制御機構の解明
5. 一酸化窒素による乳癌幹細胞の増殖制御と創薬への応用
6. ユビキチンリガーゼCHIPによる乳癌幹細胞の制御機構の解明と新規治療法の開発

個体の成長期における毒性メカニズムに基づく新規in vitro発達神経毒性評価法に関する研究

7. ミトコンドリア機能にもとづく新規in vitro発達神経毒性評価系の開発
8. ヒト iPS 細胞を用いた化学物質の新規毒性評価系の開発
9. ヒト iPS 細胞由来分化細胞を用いた化学物質の新規毒性評価系の開発

第3室

詳細は3 室 HPをご覧ください

1. 創薬支援のためのヒト肝薬物輸送と代謝を評価する安定かつ再現性に優れた細胞レベルでの試験系の提示と
  毒性評価への応用研究
2. 個体の成長期における肝臓系細胞の機能解析による化学物質の健康影響評価法に関する研究
3. ヒトiPS細胞由来肝実質細胞を用いた薬剤毒性評価技術の構築
4. HepaRG細胞を用いたヒト肝前駆細胞の分化・脱分化切替の分子ネットワークの解明
5. ヒト由来試料を用いた肝細胞共培養系による新規薬物性肝障害評価系の開発研究

第4室

詳細は4 室 HPをご覧ください

医薬品および環境化学物質等の毒性発現はその薬物の体内動態と密接に関係している.第4室は,医薬品等の化学物質による毒性発現機序と体内動態(吸収・分布・代謝・排泄)に関するトキシコキネテックスの研究として,薬物動態に関するヒトと動物間の種差ならびに薬物や化学物質の相互作用の可能性を実験的に検討している.

新規試験法評価室

業務関連物質の安全性に係る試験法の研究および評価
(改組により平成27年4月1日より安全性生物試験研究センター安全性予測評価部(新設)に移行)

参加委員会

・薬事・食品衛生審議会
・毒物劇物調査会
・化学物質安全評価委員会委員
・化学物質GLP評価会議委員
・既存化学物質安全性点検事業におけるピアレビュー委員会委員

資料(ガイドラインなど)PDFファイル

1. 厚生科学研究「in Vitro試験法を用いた化粧品の安全性評価法及びその国際的ハーモナイゼーションに関する研究」(主任研究者 大野泰雄 (国立医薬品食品衛生研究所 薬理部))の平成10年度報告に記載した、ガイダンス案。

代替法を用いて化粧品原料の眼刺激性を評価するにあたっての指針案(172KB)
化粧品原料の目刺激性評価のためのスキーム(12KB)
代替法を用いて化粧品原料の眼刺激性を評価するにあたっての指針案(英文、92KB)
化粧品原料の目刺激性評価のためのスキーム(英文、12KB)

2. 「医薬品の臨床薬物動態試験について」の通知とそれぞれのQ&Aおよびそれらの英訳 。本通知は参考とすべき資料として厚生労働省から平成13年6月1日通知されたものであり(医薬発第796号)、英文は臨床薬物動態試験ガイドライン研究班 (代表者:加藤隆一)が翻訳したものである。

「医薬品の臨床薬物動態試験について」の通知とQ&A(628KB)
「医薬品の臨床薬物動態試験について」の通知とQ&A(英文、508KB)

3. 「薬物相互作用の検討方法について」の通知とそれぞれのQ&Aおよびそれらの英訳。本通知は参考とすべき資料として厚生労働省から平成13年6月4日通知されたものであり(医薬発第813号)、英文は臨床薬物動態試験ガイドライン研究班 (代表者:加藤隆一)が翻訳したものである。

「薬物相互作用の検討方法について」の通知とQ&A(284KB)
表1(48KB)
「薬物相互作用の検討方法について」の通知とQ&A(英文、468KB)
表1(英文、24KB)