革新的医薬品実用化のためのレギュラトリーサイエンス 遺伝子治療薬 核酸医薬 分子標的薬 診断薬

About us

 近年ヒト生物学の理解が進み、遺伝性疾患、がん、生活習慣病をはじめとする様々な疾患の発症機構が分子レベルで明らかになってきました。これらの疾患の中には従来の医療技術では治療困難なものも多く含まれますが、これに対して、遺伝子治療用製品・核酸医薬品・新しい作用機序を有する分子標的薬などの革新的医薬品の研究開発が大きく進展しています。さらには、疾患を遺伝子変異等で層別化する診断技術とその診断に基づく治療法の開発も進んでいます。当研究部ではこのような先進的な医薬品・医療技術の実用化を促進するため、これらの品質・有効性・安全性の確保に資するレギュラトリーサイエンス研究を行っています。

What's new

Copyright © Division of Molecular Target and Gene Therapy Products, National Institute of Health Sciences. All rights reserved.