第三室では、天然有害物及び異物の分析法に関する研究、食品中残留汚染物の摂取量調査及びモニタリングに関する研究、分析に係わる信頼性保証に関する研究を行っています。

作成に携わった通知等
食品中に残留する農薬等に関する試験法の妥当性評価ガイドライン
/食品中に残留する農薬等に関する試験法の妥当性評価ガイドラインの一部改正について(鑑)
  食安発第1224第1号 (平成 22年12月24日)
米(玄米及び精米)のカドミウム試験法
  食安発0408第2号 (平成22年 4月 8日)別添
清涼飲料水等の規格基準の一部改正に係る試験法について
  食安発1222第4号 (平成26年12月22日)
食品中の有害物質等に関する分析法の妥当性確認ガイドラインについて
  食安発1222第7号 (平成26年12月22日)

研究紹介
食品の規格ができるまで~汚染物質を例に
 (印刷はできません。HP上でご覧ください。)

JMSデータ入力支援プログラム
JMSデータ入力支援プログラム操作マニュアルH29年度版(Pdf)
JMSデータ入力支援プログラム_Ver4.1(Excel) / (Zip版)
H29データ収集用リスト(Excel) / (Zip版)
 (Excelファイルが開かない場合は、Zip版をダウンロードしてください。)