食品部では、国民の食の安全に貢献するため、
以下の研究をおこなっています。

1.食品中の残留農薬、残留動物用医薬品等の分析法に関する研究

残留農薬等公示分析法検討会において未整備とされた、農薬、動物用医薬品(農薬等)ならびに、新規登録などにより新たに基準値が設定された農薬等についての、新規試験法の検討開発(年間20試験法程度)

2.食品中の放射性物質、環境汚染物質の分析法に関する研究

・マーケットバスケット試料等、食品中の放射性物質の測定を含めた
 実態調査研究、ならびに放射線照射食品の検知法の開発
・環境汚染物質に関する調査研究

3.食品汚染物質の摂取量調査、有害物質の分析法に関する研究

・食品汚染物の摂取量に関するデータ収集、ならびに評価汚染物の探索に
 関する研究など
・有害金属、天然有害物質、異物のデータ収集および分析法に関する研究

4.分析にかかわる信頼性保証に関する研究



食品中の研究対象

・残留農薬
・残留動物用医薬品
・放射性物質
・汚染物質(ダイオキシン、PCB等)
・天然有害物質
・食品中の有害成分、変質食品および照射食品
・異物
・有害金属
・化学性食中毒