毒物および劇物取締法について

毒物及び劇物取締法は、日常流通する有用な化学物質のうち、主として 急性毒性による健康被害が発生するおそれが高い物質を毒物又は劇物に指定し、 保健衛生上の見地から必要な規制を行うことを目的としています。 具体的には、毒物劇物営業者の登録制度容器等への表示販売(譲渡)の際の手続盗難・紛失・漏洩等防止の対策運搬・廃棄時の基準等を定めており、 毒物劇物の不適切な流通や漏洩等が起きないよう規制を行っています。
よくあるご質問

規制の概要・法令・通知

毒物及び劇物取締法に基づく規制の概要や法令・通知を掲載しています。

登録等の申請

毒物及び劇物取締法に基づく登録・許可・届出は、都道府県等の自治体(又はその管下の保健所)で受け付けています。
また、登録等の申請にあたり、申請書類の作成等を支援するシステムを用意しています。

毒物劇物に関する事故情報・統計資料

毒物劇物の盗難・紛失・漏洩等の事故事例や立入検査等の実施状況に関する統計です。

毒物又は劇物の盗難・紛失事故、流出・漏洩事故情報


*盗難・紛失事故、流出・漏洩事故の集計結果
平成11年度から平成13年度


規定モデル・パンフレット等

事業所における毒物劇物の管理体制について、毒物劇物取扱責任者が作成することとされている危害防止規定のモデルや、 毒物劇物の保管管理に関する情報、パンフレットを掲載しています。

GHS関連情報

化学物質等安全性データシート(MSDS)等におけるGHSに基づく表示に関する情報です。
毒物及び劇物取締法ではGHS表示は義務ではありませんが、使用を推奨しています。

その他の情報

毒物劇物に関する審議会

厚生労働省において行われている審議会で、毒物劇物の指定や運搬等の基準の見直しを行っています。