2015年度

  1. 論文発表

    • Yoshinari T, Ohashi H, Abe R, Kaigome R, Ohkawa H, Sugita-Konishi Y.
      Development of a rapid method for the quantitative determination of deoxynivalenol using Quenchbody.
      Ana. Chim. Acta. 888:126-130,2015.
    • Lim CW, Yoshinari T, Layne J, Chan, SH.
      Multi-mycotoxin screening reveals separate occurrence of aflatoxins and ochratoxin a in asian rice.
      J. Agric. Food Chem. 63(12):3104-3113,2015.
  2. 学会発表・講演

    • 吉成知也
      「アフラトキシンM1規格設定の概要と経緯」
      ifia JAPAN 2015食の安全・科学フォーラム 第14回セミナー国際シンポジウム(2015,5)東京ビッグサイト
    • 吉成知也,鈴木惠利,小西良子,寺嶋淳
      「ペプチジルヌクレオシド系化合物のアフラトキシン生産阻害活性」
      日本マイコトキシン学会第77回学術講演会(2015,9)(山形県・鶴岡市)
    • 吉成知也,寺嶋淳
      「日本に輸入される小麦に含まれるカビ毒の汚染実態」
      第110回日本食品衛生学会学術講演会(2015,10)(京都府・京都市)
    • 鈴木結子,渡辺麻衣子,小西良子,寺嶋淳,吉成知也
      「小麦から単離されたフザリウム属菌の代謝物の解析とエンニアチン類の汚染実態」
      日本マイコトキシン学会第78回学術講演会(2016,1)(神奈川県・川崎市)

2014年度

  1. 論文発表

    • Yoshinari T, Takeuchi H, Aoyama K, Taniguchi M, Hashiguchi S, Kai S, Ogiso M, Sato T, Akiyama Y, Nakajima M, Tabata S, Tanaka T, Ishikuro E, Sugita-Konishi Y.
      Occurrence of four Fusarium mycotoxins, deoxynivalenol, zearalenone, T-2 Toxin, and HT-2 toxin, in wheat, barley, and Japanese retail food.
      J. Food Prot. 77(11):1940-1946,2014.
  2. 学会発表・講演

    • Yoshinari T, Sugita-Konishi Y.
      「Occurrence of deoxynivalenol, T-2 toxin, HT-2 toxin and zearalenone in retail foods in Japan.」
      International Mycotoxin Conference 2014(2014,5)(Beijin)
    • 吉成知也,成川絢子,大西貴弘,寺嶋淳
      「乳幼児用食品におけるカビ毒汚染のリスク評価に関する研究」
      第108回日本食品衛生学会学術講演会(2014.12)(石川県・金沢市)

2013年度

  1. 論文発表

    • Yoshinari T, Sakuda S, Furihata K, Furusawa H, Ohnishi T, Sugita-Konishi Y, Ishizaki N, Terajima J.
      Structural determination of a nivalenol glucoside and development of an analytical method for the simultaneous determination of nivalenol and deoxynivalenol, and their glucosides, in wheat.
      J. Agric. Food Chem. 62(5):1174-1180,2014.
    • Yoshinari T, Tanaka T, Ishikuro E, Horie M, Nagayama T, Nakajima M, Naito S, Ohnishi T, Sugita-Konishi Y.
      Inter-laboratory study of an LC-MS/MS method for simultaneous determination of fumonisin B1, B2 and B3 in Corn.
      Shokuhin Eiseigaku Zasshi. 54(4):266-76,2013
    • Yoshinari T, Sakuda S, Watanabe M, Kamata Y, Ohnishi T, Sugita-Konishi Y.
      New metabolic pathway for converting blasticidin S in Aspergillus flavus and inhibitory activity of aflatoxin production by blasticidin S metabolites.
      J. Agric. Food Chem. 61(33):7925-7931,2013.
    • Sakuma H, Watanabe Y, Furusawa H, Yoshinari T, Akashi H, Kawakami H, Saito S, Sugita-Konishi Y.
      Estimated dietary exposure to mycotoxins after taking into account the cooking of staple foods in Japan.
      Toxins (Basel). 5(5):1032-1042,2013
  2. 学会発表・講演

    • Abe R, Kaigome R ,Matsumoto H, Takagi H, Ohkawa H, Yoshinari T, Sugita-Konishi Y.
      「A Q-body Assay for DON and NIV in Wheat.」
      ISM-MycoRed International Conference Europe 2013 (2013.5) (Martina Franca, Italy)
    • 大橋広行,阿部亮二,松本裕幸,高木広明,大川秀郎,吉成知也,小西良子
      「Q-body 法によるデオキシニバレノール(DON)の測定」
      日本マイコトキシン学会第73回学術講演会(2013.9)(大阪府・堺市)
    • 吉成知也
      「日本の市販食品におけるデオキシニバレノール、T-2トキシン、HT-2 トキシン及びゼアラレノンの汚染実態」
      日本マイコトキシン学会第73回学術講演会(2013.9)(大阪府・堺市)
    • 吉成知也,古沢博子,大西貴弘,小西良子
      「小麦、大麦に含まれるデオキシニバレノールとその配糖体の分析法の検討及び実態調査」
      第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)(沖縄県・宜野湾市)
    • 土屋拓馬,作田庄平,降旗一夫,古沢博子,石崎直人,小西良子,吉成知也
      「ニバレノール配糖体の単離同定とその分析法の検討」
      日本マイコトキシン学会第74回学術講演会(2014.1)(神奈川県・相模原市)
    • Yoshinari T.
      「Occurrence of nivalenol, deoxynivalenol and their derivatives in wheat and barley」
      48th Session of the Joiny UJNR Panel on Toxic Microorganisms (2014.1)(東京都・世田谷区)

2012年度

  1. 論文発表

    • Yoshinari T, Ohnishi T, Kadota T, Sugita-Konishi Y.
      Development of a purification method for simultaneous determination of deoxynivalenol and its acetylated and glycosylated derivatives in corn g rits and corn flour by liquid chromatography-tandem mass spectrometry.
      J. Food Prot. 75(7):1355-1358,2012.
    • Yoshinari T, Tanaka T, Ishikuro E, Horie M, Nagayama T, Nakajima M, Naito S, Ohnishi T, Sugita-Konishi Y.
      Inter-laboratory study of an LC-MS/MS method for simultaneous determination of deoxynivalenol and its acetylated derivatives, 3-acetyl-deoxynivalenol and 15-acetyl-deoxynivalenol in wheat.
      Shokuhin Eiseigaku Zasshi. 54(1):75-82,2013.
  2. 学会発表・講演

    • 吉成知也, 佐藤友理, 渡辺麻衣子, 鎌田洋一, 川上浩, 大西貴弘, 小西良子
      「Gグループアフラトキシン含有トウモロコシより分離したアフラトキシン生産菌の解析」
      日本マイコトキシン学会 第71回 学術講演会(2012.7)(沖縄県・那覇市)
    • 吉成知也, 田中敏嗣, 中島正博, 内藤成弘, 永山敏廣, 堀江正一, 石黒瑛一, 大西貴弘, 小西良子
      「アセチル化デオキシニバレノールとフモニシン類の分析法の妥当性の評価及び国内流通品における実態調査」
      第104回日本食品衛生学会学術講演会(2012.9)(岡山県・岡山市)
    • 竹内浩, 吉成知也, 青山幸二, 中島正博, 谷口賢, 橋口成喜, 甲斐茂美, 田端節子, 田中敏嗣, 佐藤孝史, 松井好之, 小木曽基樹, 石黒瑛一, 小西良子
      「日本に流通する食品中のT-2トキシン、HT-2トキシンおよびゼアラレノン汚染実態調査(平成23年度)」
      第104回日本食品衛生学会学術講演会(2012.9)(岡山県・岡山市)
    • Yoshinari T, Aoyama K, Nakajima M, Tanigichi M, Takeuchi H, Hashiguchi S, Kai S, Tabata S, Tanaka T, Sugita-Konishi Y.
      「Occurrence of T-2 toxin, HT-2 toxin and zearalenone in retail foods in Japan.」
      Society of Toxicology(The 52nd Annual Meeting) (2013,3)(San Antonio, Texas, USA)

2011年度

  1. 論文発表

    • Sakuma H, Kamata Y, Sugita-Konishi Y, Kawakami H.
      Method for determination of aflatoxin M1 in cheese and butter by HPCL using immunoaffinity column.
      Shokuhin Eiseigaku Zasshi. 52(4):220-225,2011
  2. 学会発表・講演

    • 吉成知也, 大西貴弘, 小西良子
      「トウモロコシ類に含まれるトリコテセン類のLC-MS/MS同時分析法及び実態」
      第101回日本食品衛生学会学術講演会 (2011.5)(東京都・江戸川区)
    • 吉成知也,谷口賢,田中敏嗣,中島正博,内藤成弘,永山敏廣,堀江正一,石黒瑛一,大西貴弘,小西良子
      「ゴマ,綿実,ナツメグ等に含まれるトータルアフラトキシンの分析法の検討と妥当性の評価」
      第102回日本食品衛生学会 (2011.9)(秋田県・秋田市)
    • 谷口 賢, 吉成知也, 青山幸二, 竹内 浩, 橋口成喜, 甲斐茂美, 中島正博, 田端節子, 田中敏嗣, 佐藤孝史, 松井好之, 小木曽基樹, 石黒瑛一, 小西良子
      「日本に流通する食品中のT-2トキシン、HT-2トキシンおよびゼアラレノン汚染実態調査(平成22年度)」
      第102回日本食品衛生学会学術講演会 (2011.9)(秋田県・秋田市)
    • 吉成知也
      「総アフラトキシン試験法のケーススタディ -多機能カラムによる総アフラトキシンの試験法-」
      日本マイコトキシン学会第70回学術講演会(2012.1) (東京都・江戸川区)
    • 吉成知也, 作田正平, 長澤寛道, 小西良子
      「アフラトキシン生産阻害物質の作用機構」
      日本農芸化学会2012年度大会(2012,3)(京都府・京都市)
    • 小西良子,吉成知也
      「マイコトキシンのリスク評価」
      日本農芸化学会2012年度大会(2012,3)(京都府・京都市)
    • Sugita-Konishi, Y., Toya, K., Kadota, T., Furusawa, H.,Yoshinari, T., Ohnishi, T., Itoh, S.
      「Comparing emesis toxicity and bioavailability between DON and acetyl-DONs.」
      The 51st Annual Meeting of the Society of Toxicology (2012.3)(San Francisco, CA, USA)