NIHSJ(標準試験)法とは

(NIHSJ-MMEF: National Institute of Health Sciences Japan
    - The Methods for the Microbiological Examination of Foods)
国際的な食品の規準を決めるコーデックス委員会では、各国の食品微生物基準を策定するためのガイドライン(CAC/GL 21-1997)を示しております。この中で食品の微生物試験法に関して、ISO法を標準とし、この方法かまたは科学的な妥当性確認した試験法を採用することを求めております。わが国では規格基準にこれまで日本独自の微生物試験法を採用してきたことから、今後は国際協調性の観点からこれらの試験法を見直し、コーデックス委員会の求める食品の微生物規準策定に採用可能な微生物試験法の見直しを行ってきました。
食品微生物分野の専門家からなる“食品からの微生物標準試験法検討委員会”の議論により、ISO法と科学的根拠のある妥当性確認を行った“NIHSJ(標準試験)法”を整備してまいりました。これらの“NIHSJ(標準試験)法”は、ISO法と妥当性確認を行っており、ISO法と同等な試験法であるといえます。また、これらの“NIHSJ(標準試験)法”は、食品の工程管理等に実用化が期待されている迅速・簡便法の参照法として利用し、妥当性確認を行うことにより、迅速・簡便法の性能を評価する尺度となる試験法として利用することもできます。
                                

標準法検討委員会からのお知らせ

※Internet Explorerにて閲覧の方で、お知らせが表示されていない場合はこちらをご覧ください。