本文へスキップ

水道水の安全性の確保と検査精度の向上を目指して、厚生労働省は精度管理調査を毎年実施しています

Q & A

平成30年度調査で問い合わせの多い質問と、それらに対する回答

1報告書(書類)の提出時に同封する「送付物チェックシート」はどこで入手できますか?
12018年3月22日に厚生労働省より送付した「実施細則」の末尾に添付されています。
2水質基準項目と水質管理目標項目が混合されている市販の標準液を使用してもよいか?
2本調査では,普段の検査でご使用になられている標準液をご使用下さい。
なお,水質基準項目の検査に使用する標準液に水質管理目標設定項目が含まれていても検査方法告示の逸脱にはなりませんが,検査方法告示で使用できる標準液の規定については,各別表および総則的事項をご確認下さい。
3今年度の実施要領には統一試料の調製濃度に関する記載がなかったが,例年どおり「基準値の1/10以上、基準値以下」と考えてよいか?
3平成30年度の調査における統一試料の調製濃度は,例年どおり「基準値の1/10以上、基準値以下」としています。
4通常の検査に用いているVOCの混合標準液が,メーカーの製造遅れにより精度管理調査の期間中に納品されない見通しとなった場合,濃度および組成が同じ他のメーカーの標準液を使用してもよいか?
4VOCの混合標準液については,富士フイルム和光純薬のJCSS規格の標準液が2月より在庫切れとなっており,6月上旬の入荷予定となっています。本標準液を標準作業手順書に記載し,通常の検査に用いている場合,濃度および組成が同じであれば,他メーカーの標準液を使用して構いません。ただしその場合も,検査方法告示の総則的事項に記載のあるように,計量法第136条もしくは第144条の規定に基づく証明書又はこれらに相当する証明書(JCSS等)が添付されているものを用いて下さい。

<5月29日追記>
富士フイルム和光純薬のJCSS規格のVOC混合標準液の在庫に関する詳細は,下記のWebサイトをご確認下さい。

https://labchem.wako-chem.co.jp/info/2018/05/150_281311.htm
5報告書(電子ファイル)の検査結果は有効数字3桁で記入することとなっているが、生データの4桁目を四捨五入すればよいか?通常,有効数字1桁で検査業務を行っている機関は、1桁で記入してもよいか?
また,報告書(書類)の検査結果の桁数は,電子ファイルの桁数と同じでよいか?
5数値の丸め方に関して指定はありませんが,調査結果の統計解析を行うため,生データを丸めて有効数字3桁でご記入下さい.
また,報告書(書類)の検査結果の桁数に指定はありませんが,実施細則において「測定結果の計算過程の記録等」を提出することとしていますので,有効数字3桁以上の生データが記載された書類を添付して下さい。
6ヘッドスペース-GC-MS法(別表第15)によりトラップ管を使用して検査した場合,トラップ管に関する情報を記入する欄がないが,別表第14のトラップ管に関する記入欄に記入すればよいか?また,トラップ管を使用した場合,「ループサイズまたは注入量」に該当するものがないが,未記入でよいか?
6ヘッドスペース-GC-MS法(別表第15)でトラップ管を使用された場合,別表14のトラップ管情報の記入欄にご記入下さい.また,その場合,「ループサイズまたは注入量」は空欄のままで構いません.
7総合行政ネットワーク(LGWAN)の電子メールで報告書(電子ファイル)を送付してもよいか?
7国立医薬品食品衛生研究所では,LGWANの電子メールを受信することはできません.インターネットの電子メールで報告書(電子ファイル)を送付して下さい.
8情報漏えい対策としてメール添付ファイルを パスワード付きzipファイルに自動変換し送付し、パスワードを別メールで送信しているが,報告書(電子ファイル)を上記の形式で送付してよいか?
8検査機関のセキュリティポリシー上やむを得ずに添付ファイルをパスワード付きzipファイルに変換してから送信する必要がある場合に限り,報告書(電子ファイル)をパスワード付きzipファイルに変換して送付しても構いません.それ以外の場合は極力,Excelブック形式のままパスワードを付けずにお送り下さい.
9報告書(電子ファイル)の検査結果の入力欄に3桁の数字を入力したが,表示が3桁とならない.このような状態で報告書を送付しても問題ないか?
9報告書(電子ファイル)の検査結果の入力欄は,小数点以下1桁あるいは2桁まで表示されるように設定されているため,入力した数字によっては,表示が3桁以外の数字になることがあります.このような場合でも,入力した数字はファイルに記録されているので問題ありません.
10今年度から報告書(電子ファイル)の検査結果の入力欄には,1つの検査結果を入力するようになっているが,5回の繰り返し測定結果の平均値を入力してもよいか?また,その場合,検査回数の欄には「5」と入力すればよいか?
10今年度の調査では,実施細則に記載のとおり,「通常の水質検査業務と同様の方法により濃度を測定する」こととしています.通常の検査で同一試料を5回繰り返し測定しており,それがSOPで規定されている場合は,5併行で測定した平均値をご記入頂いて構いませんが,通常の水質検査業務で繰り返し測定をしていなければ,1回の測定結果をご記入下さい.
もし,操作ミス等の何らかの事情により再測定が必要となった場合は,検査回数と,その旨をそれぞれ報告書の「検査回数」および「特記事項」の欄にご記入下さい.