本文へスキップ

水道水の安全性確保および検査精度の向上を目指して、厚生労働省 水道課は精度管理調査を毎年実施しています

Q & A

H29年度調査で問い合わせの多い質問と、それらに対する回答

1報告書(書類)の提出時に同封する「送付物チェックシート」はどこで入手できますか?
12017年3月17日に厚生労働省より送付した「実施細則」の末尾に添付されています。
2例年は報告書(電子ファイル)を印刷したものを書類一式と共にレターパックで提出していましたが、今年度は提出不要でしょうか?
2今年度は報告書(電子ファイル,Excelブック形式)を印刷したものをご提出頂く必要はありません。
書類としての提出物は、実施細則にありますように「@ 試料測定データに関わる書類一式の写し」と「A 検査実施標準作業書の写し」の2点になります。これらを「送付物チェックシート」と併せて精度管理試料に同梱のレターパックで提出して下さい。
3市販標準原液を使用し、それを希釈して標準液を調製した場合、報告書(電子ファイル)の標準液に関する記入欄はどのように記入したらよいですか?
3「標準液の調製方法」はプルダウンメニューから「自己調製」を選択し、「標準液の濃度」は市販標準原液を希釈して調製した標準液の濃度を記載して下さい。なお、「市販標準液のメーカー名」、「標準液の名称」および「標準液の値付け証明」は空欄として下さい。
4報告書(電子ファイル)の「検量線の設定濃度」の記入で,備考欄に「検量線の各濃度点の設定濃度を,記入例を参考にカンマ(,)で区切って記入して下さい。」とありますが,このように記入すると,入力後に自動的に3ケタ毎にカンマが入ってしまい,設定濃度が正しく表示されません。
4「記入例」では半角カンマ(,)の後ろに半角スペースを入力しています。このように入力すれば,意図しない位置に勝手にカンマが入ることはありません。問題が起こったのは,おそらく半角カンマだけで区切って数字を記入したために,Excelの書式が自動で変更されてしまったものと思われます。
入力後に設定濃度が正しく表示されていない場合は,以下@Aのいずれかの方法で設定濃度の数字を区切って再入力して下さい。
@半角カンマ(,)の後ろに半角スペースを入力する
A半角あるいは全角スペースのみを入力する
5報告書(電子ファイル)の検査結果は,備考欄に「試料の検査結果(5回分)を有効数字3桁で記載」と記されていますが,4桁目を四捨五入すればでよいのでしょうか?
また,報告書(書類)の検査結果の桁数は,電子ファイルの桁数と同じでよいのでしょうか?
5報告書(電子ファイル)の検査結果は有効数字3桁で記入することとしていますが,「数値の丸め方」に関する規定は特にありません。
また,報告書(書類)の検査結果の桁数に指定はありませんが,実施細則において「測定結果の計算過程の記録等」を提出することとしていますので,3桁以上の数値が記載された書類を添付して下さい。
6報告書(電子ファイル)の「検査終了日」は,いつの時点を差すのでしょうか?
6「検査終了日」の項目は,「機器による測定が終了した日」を記入して下さい。本記入項目は,試料瓶を開封した日(検査開始日)から機器による測定が終了した日(検査終了日)までの日数の把握を目的として設定されています。
7報告書(電子ファイル)の「市販標準原液(あるいは標準液)の濃度」には,値付け証明書に記載されている正確な濃度を記入する必要がありますか?
7値付け証明書の濃度ではなく,SOPとして設定している濃度を記入して下さい。自己調製した場合も同様です(実際に秤量した数値に基づく正確な濃度ではなく,SOPの設定濃度を記入して下さい)。本記入項目は,各機関がSOPに定めている標準原液・標準液の濃度を把握することを目的として設定されています。