本文へスキップ

水道水の安全性の確保と検査精度の向上を目指して、厚生労働省は精度管理調査を毎年実施しています

関連情報

厚生労働省 水道水質検査精度管理検討会

1. 検討会について

  • 登録水質検査機関の指導・監督については、登録時及び3年ごとの登録更新時に「登録の手引き」に基づいて作成された申請書類を審査するほか、毎年度実施する厚生労働省水道水質検査精度管理のための統一試料調査(以下「厚生労働省精度管理調査」という。)によって問題が発覚した検査機関に対する助言、指導を行っているところです。
  • また、平成 23 年 10 月の水道法施行規則改正により位置づけられた、登録水質検査機関による水質検査が適切に実施されているかを確認するための日常業務確認調査について、厚生労働省では平成 24 年度から毎年度実施しています。
  • 厚生労働省では、これら厚生労働省精度管理調査や日常業務確認調査を通じて、水質検査機関における検査技術の向上を図るとともに、水質検査の信頼性確保に資するため、厚生労働省医薬・生活衛生局水道課長が開催する検討会として水質検査の専門家を構成員とする標記検討会を運営しています。

2. 委員名簿

厚生労働省 水道水質検査精度管理に関する研修会

○ 令和元年度研修会配布資料

○ 平成29年度研修会配布資料