本文へスキップ

水道水の安全性の確保と検査精度の向上を目指して、厚生労働省は精度管理調査を毎年実施しています

評価方法

令和2年度調査における評価方法(案)

1. Grubbs検定の実施について

  • 令和2年度調査では、昨年度の調査と同様にGrubbs検定を行わず、検査方法告示で規定されている真度の範囲(無機物試料は中央値±10%、有機物試料は中央値±20%)を「良好な測定結果」であると評価する予定です。
  • 参加機関全体の測定結果が良好な場合、中央値±10%(無機物試料)あるいは中央値±20%(有機物試料)の範囲内であってもGrubbs検定で棄却されることがあるためです。
    (例えば,H29年度調査ではGrubbs検定で棄却される濃度が「フッ素及びその化合物」は中央値±8.7%、「ホルムアルデヒド」は中央値±13.9%でした。)
  • また、有効な測定結果を提出した全機関の結果に対してzスコアを算出して通知する予定です。

平成29年度までの調査と平成30年度以降の調査の評価フローの比較

 

2. zスコアの算出方法

  • 「JISQ17043:2011 (ISO/IEC 17043:2010)適合性評価 技能試験に対する一般要求事項」によると、zスコアは以下のように計算できます。

    z = (x-X) / σˆ

    x: 参加者の結果、X: 付与値、σˆ: 技能試験の標準偏差

    ここで、σˆ は、次から計算することができます。
    ・専門家の判断又は規制の指示(規定値)で決められるパフォーマンスの最終目的適合性
    ・技能試験の以前のラウンド又は経験(認識による)に基づく予想から得られる推定値
    ・統計モデル(一般的モデル)から得られる推定値
    ・精度実験の結果
    ・参加者の結果、すなわち参加者の結果に基づく伝統的な又はロバストな標準偏差
  • 令和2年度調査では、昨年度の調査と同様に「参加者の結果」からではなく、「専門家の判断又は規制の指示(規定値)で決められるパフォーマンスの最終目的適合性」からσ^を計算する予定です。
  • 「専門家の判断又は規制の指示(規定値)で決められるパフォーマンスの最終目的適合性」は、水道水質検査では真値±10%(無機物試料)、真値±20%(有機物試料)と考えられます。 3σ(99.7%)が中央値±10%となる正規分布を仮定すると、中央値±10%の測定値が|z|=3に相当します。
  • 参加者の結果からσ^を算出した場合、中央値±10%(無機物試料)あるいは中央値±20%(有機物試料)の範囲内であっても|z|≧3となることがあるためです。
    (例えば、H29年度調査では|z|=3となる濃度が「フッ素及びその化合物」は中央値±5.9%、「ホルムアルデヒド」は中央値±8.9%でした。)
  • そのため、令和2年度調査では、全参加機関が|z|<3となることもあります。