Articles

Articles

1.
稲井隆之,阿部国広,石田正秀,岩岡洋子,植月利光,太田真裕*,岡村弘之,神浦智和,関谷史子,西久人,松井敏晃,佐藤恭子:日本における食品香料化合物の使用量調査結果(2001,2005,2010,2015年).
日本食品化学学会誌2020;27:141-8. doi: https://doi.org/10.18891/jjfcs.27.3_141
2.
鈴木一平,熊井康人,多田敦子,佐藤恭子,梅垣敬三,千葉剛,竹林純:日本食品標準成分表2015 年版 (七訂) 分析マニュアルに基づく加工食品中のビタミンD 類分析法の改良と検証.
食品衛生学雑誌 2020;61:53-7.
doi: https://doi.org/10.3358/shokueishi.61.53
3.
Nishizaki Y, Ishizuki K, Masumoto N, Tada A, Sugimoto N, Sato K: HPLC determination of quercetin using relative molar sensitivity to methylparaben as a single reference.
日本食品化学学会誌 2020;27:42-52. doi: https://doi.org/10.18891/jjfcs.27.2_42
4.
西﨑雄三,石附京子,増本直子,杉本直樹,佐藤恭子:既存添加物である精油除去ウイキョウ抽出物中に含まれる主成分の抗酸化能評価.
日本食品化学学会誌 2020;27:164-72. doi: https://doi.org/10.18891/jjfcs.27.3_164
5.
Nishizaki Y, Lankin DC, Chen SN, Pauli GF: Accurate and precise external calibration enhances the versatility of quantitative NMR (qNMR).
Anal. Chem., 2021;93:2733-41. doi: 10.1021/acs.analchem.0c02967
6.
Masumoto N, Ishizuki K, Nishizaki Y, Ohtsuki T, Kuroe M, Yamazaki T, Numata M, Matsufuji H, Sugimoto N, Sato K: Determination of mogroside V in luohanguo extract for daily quality control operation using relative molar sensitivity to single-reference caffeine.
Chem. Pharm. Bull., 2021;69:18-25. doi: https://doi.org/10.1248/cpb.c20-00245
7.
Horiuchi R, Nishizaki Y, Okawa N, Ogino A, Sasaki N: Identification of the biosynthetic pathway for anthocyanin triglucoside, the precursor of polyacylated anthocyanin, in red cabbage.
J. Agric. Food Chem., 2020;68:9750–8. doi: 10.1021/acs.jafc.0c03480
8.
Miura T, Sugimoto N, Bhavaraju S, Yamazaki T, Nishizaki Y, Liu Y, Bzhelyansky A, Amezcua C, Ray J, Zailer E, Diehl B, Gallo V, Todisco S, Ofuji K, Fujita K, Higano T, Geletneky C, Hausler T, Singh N, Yamamoto K, Kato T, Sawa R, Watanabe R, Iwamoto Y, Goda Y: Collaborative study to validate purity determination by 1H quantitative NMR spectroscopy by using internal calibration methodology.
Chem. Pharm. Bull., 2020;68:868-878. doi: 10.1248/cpb.c20-00336
9.
Yoshida K, Teppabut Y, Sawaguchi R, Nakane Y, Hayashi E, Oyama K, Nishizaki Y, Goda Y, Kondo T: 5,7,3',4'-Tetrahydroxyflav-2-en-3-ol 3-O-glucoside, a new biosynthetic precursor of cyanidin 3-O-glucoside in the seed coat of black soybean, Glycine max.
Sci. Rep., 2020;10(171834):1-10. doi: https://doi.org/10.1038/s41598-020-74098-6
10.
Ohtsuki T, Matsuoka K, Fuji Y, Nishizaki Y, Masumoto N, Sugimoto N, Sato K, Matsufuji H: Development of an HPLC method with relative molar sensitivity based on 1H-qNMR to determine acteoside and pedaliin in dried sesame leaf powders and processed foods.
PLoS ONE, 2020;e0243175:1-12. doi: https://doi.org/10.1371/journal.pone.0243175
11.
酒井有希,増本直子,西﨑雄三,大槻崇,松藤寛,杉本直樹,佐藤恭子:相対モル感度を用いたsingle-reference HPLC法が定量値に影響を及ぼす要因の検討と機能性表示食品中のルテイン定量への応用.
日本食品化学学会誌 2020;27:123-34. doi: https://doi.org/10.18891/jjfcs.27.3_123
12.
Kuroe M, Numata M, Masumoto N, Nishizaki Y, Sugimoto N, Itoh N: Use of relative molar sensitivity as a specific value for evaluating heptaoxyethylene dodecyl ether concentrations in methanol solution.
Anal. Sci., [Epub ahead of print] doi: 10.2116/analsci.20N031
13.
Takahashi M, Nishizaki Y, Masumoto N, Sugimoto N, Sato K, Inoue K: Quantification of tea-derived catechins without the requirement for respective calibration curves by single reference liquid chromatography based on relative molar sensitivity.
J. Sci. Food Agric., [Epub ahead of print] doi: https://doi.org/10.1002/jsfa.11013
14.
Abe Y, Kobayashi N, Yamaguchi M, Mutsuga M, Ozaki A, Kishi E, Sato K: Determination of formaldehyde and acetaldehyde levels in poly(ethylene terephthalate) (PET) bottled mineral water using a simple and rapid analytical method.
Food Chemistry, 2020;344:128708 doi: https://doi.org/10.1016/j.foodchem.2020.128708
15.
阿部 裕,山口未来,大野浩之,阿部智之,六鹿元雄,佐藤恭子:ポリスチレン製食品用器具・容器包装の揮発性物質試験におけるスチレンのキャリーオーバーの低減化に関する検討.
日本食品化学学会誌 2020; 27: 173-7. doi: https://doi.org/10.18891/jjfcs.27.3_173
16.
阿部 裕,山口未来,大野浩之,阿部智之,六鹿元雄,佐藤恭子:ナイロン製食品用器具・容器包装のカプロラクタム試験におけるピーク形状改善のためのGC測定条件の検討.
日本食品化学学会誌 2020; 27:178-183. doi: https://doi.org/10.18891/jjfcs.27.3_178
17.
片岡洋平,竹内温教,小林 尚,菊川浩史,佐藤恭子,穐山 浩:2018年のミネラルウォーター類製品における六価クロムの含有実態調査.
食品衛生学雑誌 2020; 61:72-76. doi: https://doi.org/10.3358/shokueishi.61.72
18.
片岡洋平,渡邉敬浩,鴇田 敦,近藤 翠,滝澤和宏,佐藤恭子,穐山 浩:ミネラルウォーター類製品におけるフタル酸ジ-2-エチルヘキシルの含有実態調査.
日本食品化学学会誌 2020; 27:118-122. doi: https://doi.org/10.18891/jjfcs.27.2_118

Reviews

Reviews

1.
多田敦子:食品添加物の最近の研究-規制関連分野の研究から-.
化学と教育 2021;69:12−15.
2.
Amakura Y, Yoshimura M, Sugimoto N, Akiyama H: Characterization of Components in Natural Products for the Evaluation of Existing Food Additives in Japan
Chem. Pharm. Bull., 2021;69:11-17. doi:10.1248/cpb.c20-00286
3.
六鹿元雄:器具・容器包装へのポジティブリスト制度の導入について.
FFIジャーナル2020;225:169−176.
4.
六鹿元雄,磯崎正季子,飯塚尚文,中元昌広:食品用器具・容器包装に関する食品健康影響評価指針.
食品衛生研究 2020;70:7−15.

Presentations

Presentations

1.
佐藤恭子,佐々木隆宏,櫻井光,下山晃,関戸晴子,多田敦子,寺見祥子,田原正一,原貴彦,伊藤拓土,山本信次,吉田美佳:食品添加物試験法 ジアゾ化法による亜硝酸の定量.
日本薬学会第141年会(2021.3.28)
2.
多田敦子,日置冬子,石附京子,久保田浩樹,建部千絵,杉本直樹,佐藤恭子:食品添加物dl-α-トコフェロールの色調と純度について.
日本食品化学学会第26回総会・学術大会(2020.8.31)
3.
多田敦子,堀江正一,内山陽介,吉田裕一,小林千種,杉浦潤,中島安基江,池野恵美,久保田浩樹,建部千絵,寺見祥子,長谷川久美,杉本直樹,佐藤恭子:食品中の食品添加物分析法改正に向けた検討(令和元年度).
第57回全国衛生化学技術協議会年会(2020.11.9)
4.
建部千絵,藤原由美子,久保田浩樹,多田敦子,佐藤恭子:LC-MS/MSによるタール色素中の未反応原料及び反応中間体並びに副成色素の分析法の検討.
日本食品化学学会第26回総会・学術大会(2020.8.31)
5.
久保田浩樹,村越早織,根岸真奈美,佐藤睦実,関根百合子,原田利栄,鶴岡則子,杉木幹雄,田原正一,紙本佳奈,安永恵,中島安基江,井原紗弥香,竹下智章,小川尚孝,當間一晃,古謝あゆ子,恵飛須則明,寺見祥子,長谷川久美,建部千絵,長尾なぎさ,古庄紀子,多田敦子,佐藤恭子:令和元年度マーケットバスケット方式による甘味料の一日摂取量調査.
第57回全国衛生化学技術協議会年会(2020.11.9)
6.
建部千絵,石附京子,窪崎敦隆,久保田浩樹,杉本直樹,多田敦子,佐藤恭子:固体NMRを用いた食品添加物の確認試験法の検討.
第57回全国衛生化学技術協議会年会(2020.11.9)
7.
寺見祥子,多田敦子,増本直子,中島馨,建部千絵,久保田浩樹,佐藤恭子:食品添加物公定書一般試験法に関する研究━ステビオール配糖体のLC-MSによる分析法の検討━.
第57回全国衛生化学技術協議会年会(2020.11.9)
8.
日置冬子,多田敦子,古庄紀子,建部千絵,久保田浩樹,佐藤恭子:プシコースエピメラーゼの規格試験法の検討.
第57回全国衛生化学技術協議会年会(2020.11.9)
9.
西﨑雄三,石附京子,増本直子,杉本直樹,佐藤恭子:精油除去ウイキョウ抽出物の成分規格作成に向けた基礎的検討.
日本食品化学学会第26回総会・学術大会(2020.8.31)
10.
西﨑雄三,石附京子,中島馨,増本直子,末松孝子,杉本直樹,佐藤恭子:外部標準qNMRの自動化スクリプトの作成.
第2回日本定量NMR研究会年会(2020.12.4)
11.
石附京子,建部千絵,西﨑雄三,窪崎敦隆,多田敦子,杉本直樹,佐藤恭子:13C-CP/MASを用いた食品添加物キトサンの脱アセチル化度の測定.
第2回日本定量NMR研究会年会(2020.12.4)
12.
中島馨,増本直子,西﨑雄三,石附京子,杉本直樹,佐藤恭子:既存添加物「カラシ抽出物」および「セイヨウワサビ抽出物」に含まれるイソチアン酸アリル定量法の改良.
日本食品化学学会第26回総会・学術大会(2020.8.31)
13.
寺澤陸,本多亘,榊原みなみ,長谷川文哉,豊島智三,石田康行,堤内要,猪飼誉友,石橋諒,古屋浩太,森本隆司,石附京子,西﨑雄三,増本直子,杉本直樹,佐藤恭子,岡尚男:固体NMRと熱分解GC-MSを用いたクチナシ青色素の構造解析.
日本食品化学学会第26回総会・学術大会(2020.8.31)
14.
高橋未来,高木映里,西﨑雄三,杉本直樹,佐藤恭子,井之上浩一:シングルリファレンスHPLCによるクルクミン類の定量法の検討.
第2回日本定量NMR研究会年会(2020.12.4)
15.
坂口裕子,高橋未来,西﨑雄三,高木映里,橋本誠,杉本直樹,佐藤恭子,井之上浩一,一川暢宏:相対モル感度に基づくカルバマゼピンとフェニトインのシングルリファレンス HPLC 定量法の構築と基礎検討.
日本薬学会第141年会(2021.3.27)
16.
片岡洋平,阿部智之,阿部 裕,安藤景子,石原絹代,牛山温子,内山陽介,大野浩之,木村亜莉沙,小林 尚,佐々木達也,佐藤 環,高橋良幸,武田勝久,田中 葵,棚橋高志,谷 拓哉,永井慎一郎,中西 徹,野村千枝,八田淳司,早川雅人,六鹿元雄,山田恭平,吉川光英,四柳道代,渡辺一成,佐藤恭子:器具・容器包装におけるビスフェノールA溶出試験の室間共同試験.
日本食品化学学会第26回総会・学術大会(2020.8.31)
17.
水口智晴,尾崎麻子,岸 映里,浅川大地,阿部 裕,山口未来,山口之彦,山野哲夫,六鹿元雄:長期保存食品に用いる器具・容器包装の溶出試験における加速試験条件の検証.
第116回日本食品衛生学会学術講演会(2020.11.24)
18.
尾崎麻子,岸 映里,水口智晴,浅川大地,阿部 裕,山口未来,阿部智之,中西 徹,渡辺一成,山口之彦,山野哲夫,六鹿元雄:シミュレーションソフトを用いた合成樹脂製器具・容器包装の溶出量予測と実測値の比較.
第4回日本食品衛生学会近畿地区勉強会(2020.11)
19.
佐藤恭子,「食品添加物表示の見直し~消費者の誤認を防ぐ表示の在り方に向けて~」,食のミライ技術フェア2020(2020.11.25)
20.
多田敦子,「食品添加物の最近の動向」,日本食品化学学会 第36回食品化学シンポジウム(2020.12.2)
21.
杉本直樹,「qNMRの国際標準化による波及効果」,JMAC第130回定例会(2020.9.24)(Web)
22.
Sugimoto N, “Measurement of relative molar sensitivity using the combination of qNMR and chromatography from the viewpoint of regulatory science”, Virtual workshop and roundtable, Emerging Technologies: Quantitative NMR and digital data-overview and perspectives (2020.11.19) (Web)
23.
杉本直樹,「定量に用いる相対モル感度(RMS)の求め方」,第2回日本定量NMR研究会年会(2020.12.4)
24.
Nishizaki Y, “Accurate and precise external standardization in qNMR”, Valid NMR Webinar #1 (2021.3.25)
25.
六鹿元雄,「食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度に関する国内外の動向」, 公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会 安全性・品質保証部会講演会(2020.9.24)
26.
六鹿元雄,「器具・容器包装のポジティブリスト制度について」,第11回FDSC食品衛生精度管理セミナー(2020.12.11)
27.
六鹿元雄,「食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度とその運用について」,一般社団法人大阪工研協会 第45回分析展と講演・技術発表会(2021.2.26)
28.
六鹿元雄,「食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度について」,令和2年度地域保健総合推進事業 第1回関東甲信静ブロック会議(2020.9.16)
29.
六鹿元雄,「食品に使用される器具・容器包装のポジティブリスト化について」,令和2年度地方衛生研究所全国協議会九州支部専門家会議(2020.11.20)
30.
阿部 裕,「GC-MSを用いる試験法への窒素キャリヤーガスの適用性の検討」令和2年度 一般社団法人日本食品衛生登録検査機関協会 器具・容器包装研修会(2021.2.10)
31.
片岡洋平,「ビスフェノールA告示試験法(溶出試験)の試験室間共同試験」令和2年度 一般社団法人日本食品衛生登録検査機関協会 器具・容器包装研修会(2021.2.10)

Books

Books

1.
佐藤恭子,西島基弘,久保田浩樹,多田敦子:“食品衛生検査指針 食品添加物編追補2020”,第1章 保存料,第2章 漂白剤,日本食品衛生協会,東京,pp.9-99(2020)
2.
佐藤恭子,建部千絵,多田敦子:“食品衛生検査指針 食品添加物編追補2020”,第6章 製造用剤等,第7章 未指定添加物,日本食品衛生協会,東京, pp.135-174 (2020)
3.
六鹿元雄:“【ポジティブリスト制度導入】改正食品衛生法で変わる対応事項と食品容器包装材料・食品接触材料の規制動向” ,サイエンス&テクノロジー,東京,pp.3-6, pp.19-48(2020)