研究解説記事

・ 細胞工学,23(6),2004:「ゲノム毒性学:形質非依存型トキシコゲノミクスの導入」(pdf) [出版社の許諾を得て原稿を掲載]

・ 医学のあゆみ,213(4),2005:「トキシコゲノミクスにおける技術の標準化;Percellome」(pdf)[出版社の許諾を得て掲載]

・ 医学のあゆみ,218(12),2006:「毒性の高精細解析に向けてのトキシコゲノミクス」(pdf)[出版社の許諾を得て掲載]

・ 食品と開発,42(12),2007:「トキシコゲノミクスによる食品の安全性評価」(pdf)[出版社の許諾を得て掲載]

・ 細胞工学,26(1),2007:「Percellome Projectによる毒性トランスクリプトミクスの新しい試み」(pdf)[出版社の許諾を得て原稿を掲載]

・ 細胞工学,26(12),2007:「トキシコゲノミクスの新展開 -PercellomeプロジェクトによるTCDD-TCDF比較-」(pdf) [出版社の許諾を得て原稿を掲載]

・ ファルマシア,45(3),2009:「ナノマテリアルの毒性予測 発がん性を中心に」(pdf)[出版社の許諾を得て掲載]

・ 病理と臨床,27(8),2009:「イントロダクション:毒性学としての薬剤性障害」(pdf)[出版社の許諾を得て掲載]



Division of Toxicology. 10/11/22