診断基準

 

診 断 基 準

 

 

本研究で対象としているのは、主治医の先生が、医薬品が原因と考えられる間質性肺疾患と診断された症例です。

また、もし可能でしたら、発症者と同じ薬を6ヶ月以上服用しているにも関わらず、間質性肺疾患を発症していない患者の症例収集にもご協力い
ただけましたら幸甚です。

 

なお、間質性肺疾患(間質性肺炎)の重篤副作用疾患別対応マニュアル(厚生労働省 平成18年11月)は、こちらをご覧下さい。

 

                                                                Last Updated: 2011/9/26


Copyright(C) 国立医薬品食品衛生研究所 医薬安全科学部