○表 これまでに指針値を策定した物質

揮発性有機化合物

室内濃度指針値*

毒性指標

設定日

ホルムアルデヒド

100μgm3(0.08ppm

ヒト吸入暴露における鼻咽頭粘膜への刺激1),2)

1997.6.13

アセトアルデヒド

48μgm3(0.03ppm

ラットの経気道暴露における鼻腔嗅覚上皮への影響3),4)

2002.1.22

トルエン

260μgm3(0.07ppm

ヒト吸入暴露における神経行動機能及び生殖発生への影響5)-8)

2000.6.26

キシレン

870μgm3(0.20ppm

妊娠ラット吸入暴露における出生児の中枢神経系発達への影響9),10)

2000.6.26

エチルベンゼン

3800μgm3(0.88ppm

マウス及びラット吸入暴露における肝臓及び腎臓への影響11),12)

2000.12.15

スチレン

220μgm3(0.05ppm

ラット吸入暴露における脳や肝臓への影響13),14)

2000.12.15

パラジクロロベンゼン

240μgm3(0.04ppm

ビーグル犬経口暴露における肝臓及び腎臓等への影響15)

2000.6.26

テトラデカン

330μgm3(0.04ppm

C8-C16混合物のラット経口暴露における肝臓への影響16)

2001.7.5

クロルピリホス

1μgm3(0. 07ppb

小児の場合0.1μgm3(0.007ppb

母ラット経口暴露における新生児の神経発達への影響及び新生児脳への形態学的影響17)

2000.12.15

フェノブカルブ

33μgm3(3.8ppb

ラットの経口暴露におけるコリンエステラーゼ活性などへの影響18)

2002.1.22

ダイアジノン

0.29μgm3(0.02ppb

ラット吸入暴露における血漿及び赤血球コリンエステラーゼ活性への影響19)

2001.7.5

フタル酸ジ-n-ブチル

220μgm3(0.02ppm

母ラット経口暴露における新生児の生殖器の構造異常等の影響20)

2000.12.15

フタル酸ジ-2-エチルヘキシル

120μgm3(7.6ppb

ラット経口暴露における精巣への病理組織学的影響21),22)

2001.7.5

*両単位の換算は、25℃の場合による。

**数字は主な参考文献を示す。(参考文献の項を参照)

 

○室内濃度指針値の意味

現時点で入手可能な毒性に係る科学的知見から、ヒトがその濃度の空気を一生涯にわたって摂取しても、健康への有害な影響は受けないであろうと判断される値を算出したもの。

 

○総揮発性有機化合物(TVOC)について

室内空気質のTVOC暫定目標値を 400μg/m3 としている。この数値は、国内家屋の室内VOC実態調査の結果から、合理的に達成可能な限り低い範囲で決定した値であり、室内空気質の状態の目安として利用されることが期待される。TVOC暫定目標値は、毒性学的知見から決定したものではなく、含まれる物質の全てに健康影響が懸念されるわけではない。また、個別のVOC指針値とは独立に扱われなければならない。23),24)

 

○参考文献

1)

Formaldehyde. Geneva, World Health Organization, Environmental Health Criteria, No.89 (1989)

2)

World Health Organization, Air quality guidelines for Europe; second edition, WHO regional publications. European series; No.91 (2000)

3)

IPCS Environmental Health Criteria 167, ACETALDEHYDE, World Health Organisation, Geneva1996

4)

Effect of Variable Versus Fixed Exposure Levels on the Toxicity of Acetaldehyde in Rats, L. M. Appelman et al, J. Appl. Toxicology, Vol6(5); 331-336 (1986)

5)

Ng, T. P., Foo, S. W. and Yoong,T. Risk of spontaneous abortion in workers exposed to toluene. British journal of industrial medicine 1992; 49: 804-808

6)

Foo, S. C., Jeyaratnam, J. and Koh, D. Chronic neurobehavioural effect of toluene. British journal of industrial medicine 1990; 47: 480-484

7)

Foo, S. C. et al. Neurobehavioural effects in occupational chemical exposure. Environmental research 1993; 60: 267-273

8)

Donald, J. M., Hooper, K. and Hopenhayn-Rich, C. Reproductive and developmental toxicity of toluene: A Review. Environmental health perspectives 1991; 94: 237-244

9)

IPCS. Xylenes. Environmental health criteria 1997; 190

10)

Hass U. and Jakobsen B. M. Prenatal toxicity of xylene inhalation in the rat: A teratogenicity and postnatal study. Pharmacology and Toxicology. 1993; 73: 20-23

11)

IPCS Environmental Health Criteria 186, ETHYLBENZENE, World Health Organisation, Geneva 1996

12)

NTP (1992) Toxicity studies of ethylbenzene in F344/N rats and B6C3F1 mice (inhalation studies), US Department of Health and Human Services, National Toxicology Programme, NIH Publication No.92 - 3129

13)

IPCS Environmental Health Criteria 26, STYRENE, World Health Organisation, Geneva 1983

14)

Vainio, H. et al., Adaptive changes caused by intermittent styrene inhalation on xenobiotic biotransformation, Toxicol. Appl. Pharmacol., 1979, 49, 7-14

15)

OECD SIDS (Screening Information Data Set) Initial Assessment Report (draft). Organisation for Economic Co-operation and Development, Paris

16)

Total Petroleum Hydrocarbon Criteria Working Group. Development of fraction-specific reference doses (RfDs) and reference concentration (RfCs) for total petroleum hydrocarbons (TPH). Total Petroleum Hydrocarbon Criteria Working Group Series, Vol.4, 1997

17)

Human Health Risk Assessment CHLORPYRIFOS (revised), US Environmental Protection Agency, Office of Pesticide Programmes, 8 June 2000

18)

BPMCの毒性試験の概要 三菱化成株式会社 農薬時報別冊(平成2年11月)

19)

United States Environmental Protection Agency. DIAZINON. Revised HED Human Health Risk Assessment for the Reregistration Eligible Decision (RED) December 5, 2000.

20)

IPCS (International Programme on Chemical Safety). Di-n-butyl Phthalate. Environmental Health Criteria 1997; 189

21)

食品衛生調査会毒性部会・器具容器包装部会合同部会. 資料6「フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)の安全性評価結果について」(2000)

22)

Poon et al.(1997) Food Chem Toxicol.,35,225-239

23)

Indoor Air Quality & Its Impact on ManReport No.19: Total Volatile Organic Compounds (TVOC) in Indoor Air Quality Investigations, European Commission Joint Research Center Environment Institute 1997

24)

居住環境内における揮発性有機化合物の全国実態調査(厚生省,1999)