Archives

起因物質の迅速推定法
青酸化合物
パラコート
ヒ素
有機リン系殺虫剤
グルホシネート
メタノール
メタンフェタミン
アセトアミノフェン
サリチル酸
テオフィリン
迅速検査法
アキュメータ・テオフィリン
同定/定量法
GC
HPLC
バルビツール酸
ベンゾジアゼピン系
ブロムワレリル尿素
カーバメート系殺虫剤
三環系・四環系抗うつ薬
トップページ
印刷: このページ
薬毒物検査法 >テオフィリン 同定・定量法
GC
試料: 尿、血液 試料量: 1.0ml 所要時間: 45分
操作手順
  1. 血漿1mlに硫酸アンモニウム0.8gを加えて撹拌する。
  2. ジクロロメタン−ヘキサン−酢酸(80:20:0.1)(3-イソブチル-1-メチルキサンチン、1.5μg/ml)10mlを加え、よく撹拌する。
  3. 3,000rpmで5分間遠心分離し、得られた有機相を新しい試験管に移す。
  4. 窒素気流下(50℃)で有機溶剤を留去する。
  5. 残留物を50μlのクロロホルムに溶解し、その10μlをGCで分析する。
    分析条件例
    装置 GC
    カラム Supelcoport(4mm ID, 2m, 100/120mesh, 2% SP2510-DA)
    キャリアガス 窒素(50ml/min)
    検出器 FID
    検出器温度 300℃
    注入口温度 300℃
    オーブン温度 245℃
    概要
    gas chromatographの略で、移動相に窒素やヘリウムなどの気体を用いて混合成分を分離する装置である。通常GCは、試料導入部(注入口)、分離カラム、検出器で構成されている。導入された試料は、注入口内で気化して分離カラムへと移動する。分離カラムで分離された成分は、検出器へと移動する。分析対象成分は、アルコールなどの揮発性化合物や医薬品などの難揮発性化合物である。 検出器としては、水素炎イオン化検出器(FID:Flame Ionization Detector)が汎用されているが、その他にも熱伝導度検出器(TCD:Thermal Conductivity Detector)、窒素・リン検出器(NPD:Nitrogen Phosphorus Detector)などがある。また、近年は、質量分析計を接続した装置も普及している。質量分析計からは分子量や構造情報が得られ、化合物の同定に有用である。
    その他の分析方法
    適用試料外 (分析法データベース)
    参考文献
    1. H.A. Schwertner: Clin Chem, 25, 212-214, 1979.
    印刷: このページ
    Top Previous Next
    画面で表示される写真の色調は実際の色調とは異ることがあります。必ず陽性、陰性コントロールを同時に検査して下さい。
    ウェブサイト内の記事及びデータには、一部環境検査用の検査法を使用している部分があります。
    検査結果については検査者自身の責任に於いて判断して下さい(中毒患者の確定診断には利用しないで下さい)。
    当ウェブサイトに掲載の分析法・写真の無断転載を禁じます。
    Copyright 2003 Hiroshima University and National Institute of Health Sciences. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.