薬毒物迅速検査法
印刷ページから戻る
薬毒物検査法 >
テオフィリン
テオフィリンは、気管支喘息などの気道閉塞障害に対する治療薬として長年汎用されてきた。気管支喘息の治療におけるテオフィリンの有効血中濃度域は狭く、10-20μg/mlと言われている。また、体内動態の個体差が大きく、投与量を調整することでの血中濃度調整は困難である。個々の患者に対し、最大限の治療効果を発揮させ、副作用を未然に防ぐ目的で血中濃度モニタリングの対象となっている。

迅速検査法

同定・定量法
印刷ページから戻る
画面で表示される写真の色調は実際の色調とは異ることがあります。必ず陽性、陰性コントロールを同時に検査して下さい。
ウェブサイト内の記事及びデータには、一部環境検査用の検査法を使用している部分があります。
検査結果については検査者自身の責任に於いて判断して下さい(中毒患者の確定診断には利用しないで下さい)。
当ウェブサイトに掲載の分析法・写真の無断転載を禁じます。
Copyright 2003 Hiroshima University and National Institute of Health Sciences. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.