薬毒物迅速検査法
印刷ページから戻る
薬毒物検査法 >
サリチル酸
サリチル酸は、初めて医薬品として供された有機化合物の一つであり、解熱、鎮痛作用の他、抗リウマチ作用や尿結石生成防止作用など、アスピリンと同様の作用を有する。しかし、局所刺激作用が強く、胃障害を起こしやすいため、内服にはアスピリンが、静注にはサリチル酸が用いられる。その治療効果は血中濃度に依存することが知られており、早くから血中濃度のモニタリングが行われてきた。薬物の血中濃度がその効果を反映するが、サリチル酸系製剤の治療至適濃度域は限られており、かつ体内動態が個人によって著しく異なるので、リウマチ患者について血中のサリチル酸濃度をモニタリングすることによって個々の患者に適した有効投与量を決定し、副作用の防止に活用されている。本剤は小児における過剰投与の多い薬剤の一つでもあり、重篤な中毒症状が引き起こされるおそれがある。このサリチル酸中毒は代謝性アシドーシスと呼吸性アルカローシスの合併が特徴的である。

迅速検査法

同定・定量法
印刷ページから戻る
画面で表示される写真の色調は実際の色調とは異ることがあります。必ず陽性、陰性コントロールを同時に検査して下さい。
ウェブサイト内の記事及びデータには、一部環境検査用の検査法を使用している部分があります。
検査結果については検査者自身の責任に於いて判断して下さい(中毒患者の確定診断には利用しないで下さい)。
当ウェブサイトに掲載の分析法・写真の無断転載を禁じます。
Copyright 2003 Hiroshima University and National Institute of Health Sciences. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.