薬毒物迅速検査法
印刷ページから戻る
薬毒物検査法 >
ベンゾジアゼピン系
ベンゾジアゼピン系薬物は、シナプス膜に存在するベンゾジアゼピン受容体に結合して神経の過剰反応を抑制し、不安を抑制する。抗不安作用の他に、鎮静、催眠、抗痙攣および筋弛緩作用を有しているため、精神科領域で汎用されている。

迅速検査法

同定・定量法
印刷ページから戻る
画面で表示される写真の色調は実際の色調とは異ることがあります。必ず陽性、陰性コントロールを同時に検査して下さい。
ウェブサイト内の記事及びデータには、一部環境検査用の検査法を使用している部分があります。
検査結果については検査者自身の責任に於いて判断して下さい(中毒患者の確定診断には利用しないで下さい)。
当ウェブサイトに掲載の分析法・写真の無断転載を禁じます。
Copyright 2003 Hiroshima University and National Institute of Health Sciences. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.