Archives

起因物質の迅速推定法
青酸化合物
パラコート
迅速検査法
ハイドロサルファイト反応
RaPID assay kit
検知管
同定/定量法
二次微分分光分析法
HPLC
ヒ素
有機リン系殺虫剤
グルホシネート
メタノール
メタンフェタミン
アセトアミノフェン
サリチル酸
テオフィリン
バルビツール酸
ベンゾジアゼピン系
ブロムワレリル尿素
カーバメート系殺虫剤
三環系・四環系抗うつ薬
トップページ
印刷: このページ
薬毒物検査法 >
パラコート
パラコートなどのアルキルピリジニウム塩系農薬は、強力な殺草効果とその使いやすさのため、わが国で汎用されている除草剤である。パラコートジクロライド24%含有のものと、パラコートジメチルサルフェート38%含有のものの2種類が製品として市販されていたが、中毒事故が多発したために毒性を低下させたパラコートとジクワットの混合製剤に移行された。パラコート中毒者の初期症状は特徴が乏しく、意識明瞭なことも多く、中毒患者に対して最も重要な初期診断時にパラコート服用の事実を見逃す危険性がある。

迅速検査法

同定・定量法
印刷: このページ
Top Previous Next
画面で表示される写真の色調は実際の色調とは異ることがあります。必ず陽性、陰性コントロールを同時に検査して下さい。
ウェブサイト内の記事及びデータには、一部環境検査用の検査法を使用している部分があります。
検査結果については検査者自身の責任に於いて判断して下さい(中毒患者の確定診断には利用しないで下さい)。
当ウェブサイトに掲載の分析法・写真の無断転載を禁じます。
Copyright 2003 Hiroshima University and National Institute of Health Sciences. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.