Archives

起因物質の迅速推定法
青酸化合物
迅速検査法
北川式検知管(全血用)
シェーンバイン・パーゲンステッヘル法
シアンテストワコー
パックテスト
同定/定量法
ピリジン・ピラゾロン法(拡散法)
GC
パラコート
ヒ素
有機リン系殺虫剤
グルホシネート
メタノール
メタンフェタミン
アセトアミノフェン
サリチル酸
テオフィリン
バルビツール酸
ベンゾジアゼピン系
ブロムワレリル尿素
カーバメート系殺虫剤
三環系・四環系抗うつ薬
トップページ
印刷: このページ
薬毒物検査法 >
青酸化合物
青酸化合物、特にそのアルカリ塩は電気メッキ、冶金、写真、金属製品加工、化学工業上広く用いられる関係上、入手しやすく、猛毒であるため、自殺や他殺の目的で使用されることが多い。中毒量と致死量とが極めて接近しているため、中毒量として記載されたものは少ない。致死量は、シアン化水素として50mg、シアン化カリウムとして200〜300mgである。ちなみにシアン化水素は、セルロイドやタバコの燃焼時にも微量ながら発生し、体内に吸収される。

迅速検査法

同定・定量法
印刷: このページ
Top Previous Next
画面で表示される写真の色調は実際の色調とは異ることがあります。必ず陽性、陰性コントロールを同時に検査して下さい。
ウェブサイト内の記事及びデータには、一部環境検査用の検査法を使用している部分があります。
検査結果については検査者自身の責任に於いて判断して下さい(中毒患者の確定診断には利用しないで下さい)。
当ウェブサイトに掲載の分析法・写真の無断転載を禁じます。
Copyright 2003 Hiroshima University and National Institute of Health Sciences. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.