Archives

起因物質の迅速推定法
青酸化合物
パラコート
ヒ素
有機リン系殺虫剤
グルホシネート
メタノール
メタンフェタミン
アセトアミノフェン
迅速検査法
アセトアミノフェン検出キット
インドフェノール法
ニトロ化法
同定/定量法
GC/MS
HPLC
サリチル酸
テオフィリン
バルビツール酸
ベンゾジアゼピン系
ブロムワレリル尿素
カーバメート系殺虫剤
三環系・四環系抗うつ薬
トップページ
印刷: このページ
薬毒物検査法 > アセトアミノフェン
迅速検査法
基本的には適用試料は尿であるが、血清は全血(除タンパク後)も検査可能である。
アセトアミノフェン検出キット
必要試料量 所要時間 適用試料
0.05ml 30分 血清
インドフェノール法
必要試料量 所要時間 適用試料
0.5ml 20分 水、尿、血清
ニトロ化法
必要試料量 所要時間 適用試料
1.0ml 25分 水、尿、血清
薬毒物(広くは化学物質一般)の検査は、手間と時間を要するために全ての薬毒物の分析を実施することは不可能である。また、標的化合物にあった方法を選択しないと薬毒物を発見できないことさえあり得る。そこで最短の時間と手間で、確実に薬毒物検査を実施するために、検査を始める前には、どのような化合物が含まれているかを調査する必要がある。いわゆる迅速検査(スクリーニング)である。
迅速検査法の選択は、使用できる検査試料の形態や量、検査試料中の薬毒物の量によって左右される。また、検査機関で所持している施設や器具などにも大きく左右されるため、各機関で使用可能な迅速検査法を選択、準備しておくべきである。今日、イムノアッセイ法の普及により、数多くのキットが開発、販売されるようになったため、少量の検査試料で多くの薬毒物のスクリーニングが可能となってきた。
しかし、迅速検査法によって必ずしも陽性となった薬毒物が含まれているとは限らず、機器分析をはじめとする複数の検査法を使用しての確認分析が必要となる。
印刷: このページ
Top Previous Next
画面で表示される写真の色調は実際の色調とは異ることがあります。必ず陽性、陰性コントロールを同時に検査して下さい。
ウェブサイト内の記事及びデータには、一部環境検査用の検査法を使用している部分があります。
検査結果については検査者自身の責任に於いて判断して下さい(中毒患者の確定診断には利用しないで下さい)。
当ウェブサイトに掲載の分析法・写真の無断転載を禁じます。
Copyright 2003 Hiroshima University and National Institute of Health Sciences. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.