英国保健保護局(HPA U.K.:Health Protection Agency, U. K.)からのノロウイルス関連情報
http://www.hpa.org.uk


  • 新しい変異型ノロウイルス
    New emerging norovirus variant
    CDR Weekly, Volume 16 Number 25, 22 June 2006
    http://www.hpa.org.uk/cdr/default.htm
    (食品安全情報2006年14号(2006/07/05)収載)

     HPAのウイルスリファレンス部(Virus Reference Department: VRD)が、ノロウイルスのアウトブレイクにおいて遺伝子型II.4 [Bristol/1993/UK (Grimsby)]の新しい変異型による比率が増加していることを報告した。この株は同じ遺伝子型のFarmington HillsやHunter 284などの株と比較すると、ウイルスカプシドの配列にアミノ酸変異が保存されており、この新しい変異型の定義となった。
     この新しい変異型は2005年12月に初めて検出された。2006年の英国のGII.4によるアウトブレイクのうち変異型が占める割合は4月は27/93(29%)であったが、5月には36/63(57%)に増加した。また、この新しい変異型はオランダ、フランスおよびデンマークからも報告された。最近いくつか報告されているヨーロッパでのクルーズ船におけるアウトブレイクのうち2件がこの新しい変異型によるものであった。
     HPAの EEDDおよびVRDが、新しい変異型によるアウトブレイクと他の変異型によるアウトブレイクとを比較するため、疫学情報と微生物情報を見直し、調査を行っている。ノロウイルス感染のアウトブレイクは通常は夏までに減少するため、この変異型の増加は季節的にみて異例である。異例の季節パターンを示す過去の事例では新しい株の出現がみられ、遺伝子型II.4の新しい変異型が今後優勢となる可能性を解明するにはさらに詳しい調査が必要である。
     感染経路は人−人感染が最も多く、1992年以降ではこの経路が86%、食品感染が4%、食品感染後の人−人感染が3%である。人−人感染は、2003年が88%、2004年が87%である。
     2004年9月〜11月中旬、ノロウイルスによるIIDアウトブレイクは33件で、2003年同時期とほぼ同じである。2004年の全データは暫定のものである。
    http://www.hpa.org.uk/cdr/archives/archive06/News/news2506.htm#norovirus

  • ノロウイルスについて
    Norovirus
    Press Statement, 3 Feb 2006
    (食品安全情報2006年4号(2006/02/15)収載)

     ノロウイルス感染は冬季に最も多いため冬季嘔吐下痢症ともいわれ、学校でアウトブレイクが発生することが多い。胃腸疾患の原因として最も多く、英国では毎年約100万人が感染している。学校や養護施設などのように一定時間に多くの人が集まる半閉鎖的な環境で最も発生しやすい。ヒト−ヒト感染が容易に起こり、症状は普通12〜60時間持続し、突然吐き気を催して嘔吐や下痢を起こす。ヒト−ヒト感染を防ぐには衛生に気をつけることが重要であり、念入りな手洗い(特にトイレ使用後)、患者が発生した後の環境の消毒などである。
    http://www.hpa.org.uk/hpa/news/articles/press_releases/2006/060203_flu_noro.htm

  • イングランドおよびウェールズにおけるノロウイルスアウトブレイク:2003年と2004年
    Norovirus outbreaks in England and Wales: 2003 and 2004
    CDR Weekly, Volume 14 Number 47, 18 November 2004
    http://www.hpa.org.uk/cdr/default.htm
    (食品安全情報2004年24号(2004/11/24)収載)

     英国保健保護局(Health Protection Agency)のCommunicable Disease Surveillance Centre(CDSC)が、1992年以来、感染性腸管疾患(Infectious Intestinal Disease: IID)の一般的アウトブレイクに関する標準化データを収集している。ノロウイルスによるIIDアウトブレイク発生数には変動があるが、一般に毎年130〜250件である。1992年以降のイングランドとウェールズにおける発生には、二つのピークがあった。一つは、1995〜1996年で368件、もう一つは686件の発生があった2002年で、新しい変異遺伝子グループII 4の出現と同時であった。
     全アウトブレイクの79%は医療提供施設(病院と入居介護施設)で発生しており、次いでホテル(7%)、学校(5%)であった。医療施設のアウトブレイクには、顕著な季節性がみられ、冬季にピークがあったが、他の場所での発生ではこのような季節性は認められなかった。また、医療施設の場合は致死率が高く、他の施設よりアウトブレイクの期間が長いが、人数は比較的少なく食品由来が少なかった。
     南西イングランドの医療施設でのアウトブレイクを最近の調査では、63%でノロウイルスが確認され、主要原因であることを示している。2003年、ノロウイルスによるIIDアウトブレイクは220件、2004年は10月までに148件が報告された。最も多かった地域は、2003年がNorth West、YorkshireおよびHumbersideで、2004年は現在までのところ、North East、YorkshireおよびHumbersideである。2003年に確認されたノロウイルスによるIIDアウトブレイクの78%は医療施設でおきており、2004年は74%である。
     感染経路は人−人感染が最も多く、1992年以降ではこの経路が86%、食品感染が4%、食品感染後の人−人感染が3%である。人−人感染は、2003年が88%、2004年が87%である。
     2004年9月〜11月中旬、ノロウイルスによるIIDアウトブレイクは33件で、2003年同時期とほぼ同じである。2004年の全データは暫定のものである。
    http://www.hpa.org.uk/cdr/archives/archive04/news/news4704.htm#norovirus


    国立医薬品食品衛生研究所安全情報部