Archives

硫化水素による主な中毒事故例


 硫化水素中毒事故としては、工場や作業現場における事故が多い(特に、廃棄物や汚水・汚泥などの処理槽で硫化水素が発生し、作業者が暴露した事例が多い)。また被災した作業者を救出しようとして被災現場に入った他の作業者も被害を受ける二次災害の例も多い。救護・搬送・治療等にあたる救護者や医療従事者の二次災害防止が重要である。  この他、旅館・ホテルの温泉施設での湯ノ花の除去作業中における硫化水素中毒例、火山での観光客や登山客の硫化水素中毒例も時折みられる。2007〜2008年には複数の製品から硫化水素を発生させ自殺をはかる例が多発した。
[参考資料]