Archives

塩素による主な中毒事故例


 本物質による事故としては、漂白剤や殺菌剤の成分である次亜塩素酸ナトリウムと、酸性洗浄剤やポリ塩化アルミニウムなどを誤って混合し、塩素ガスが発生して中毒になる例が多い。こうした事故が発生した場所は、工場、プール、ホテル、家庭などさまざまである。塩素ガスは拡散しやすいため、当事者だけでなく周辺にいる人も被害を生じる場合がある。


[参考資料]