Archives

窒息剤(Choking Agents、Pulmonary Agents)


 窒息剤を吸入すると肺組織を冒し、主に肺水腫を起こす。皮膚や眼に接触すると強く刺激する。主な窒息剤としてはホスゲン(CG)、ジホスゲン(DP)がある。塩素(CL)やクロルピクリン(PS)も多くの資料で窒息剤に含められているが、化学兵器としての価値は低いとされる。クロルピクリンは催涙剤に分類されることもある。


1 ホスゲン

 プラスチックや農薬製造など化学工業分野で重要な化学物質である。第一次世界大戦では化学兵器として大量に使用され、この大戦で使用された化学物質による死亡の大部分はホスゲンによるとされる。

ホスゲン
  塩化カルボニル
  オキシ塩化炭素
  Phosgene
  Carbonyl chloride
  Carbonyl dichloride
  Chloroformyl chloride
  Carbon oxychloride

1−1 物理的化学的性質

1−2 毒性および症状


2 ジホスゲン

ジホスゲン
 Diphosgene
 Trichloromethyl chloroformate
 Carbonochloridic acid trichloromethyl ester

2−1 物理的化学的性質

2−2 毒性および症状



【ご利用にあたっての注意】

  • 本サイトの情報及び本サイトからリンクされているサイトを利用したことによる結果についての責任は一切負いかねますので、ご了承下さい。
  • 内容及びアドレスは予告なく変更又は削除されることがあります。

    化学剤について | 健康危機管理関連情報ページ

    国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部