Archives

無能力化剤 (Incapacitants、 Incapacitating Agent)


 無能力化剤は、身体的もしくは精神的作用により人を一時的に活動不能にする。催涙剤などの暴動鎮圧剤(riot control agents)は、作用が通常数分〜十数分程度しか持続しないが、無能力化剤の影響は使用をやめても数時間から数日続く。
 無能力化剤としてこれまでにさまざまな物質が検討されてきたが、無能力化剤としての条件を満たすものはほとんどないとされる。いくつかの関係資料に3-キヌクリジニルベンジラート(BZ)や、フェンタニル誘導体、カンナビノイド系化合物などの名前があげられているが、使用可能性については不明である。2002年10月のモスクワの劇場占拠事件においては、ロシア特殊部隊が突入した際に使用された特殊ガスの主成分はフェンタニル誘導体であると、ロシア政府当局が発表した。この事件では特殊ガスにより人質ら100名以上が死亡した。
 無能力化剤については情報が非常に少ない。


1  3-キヌクリジニルベンジラート

3-キヌクリジニルベンジラート
  BZ
  3-Quinuclidinyl benzilate
  1-Azabicyclo(2.2.2)octan-3-ol, benzylate (ester)

1−1 物理的化学的性質

1−2 毒性および症状
 抗コリン作動性物質である。永久的な有害作用は報告されていない。



【ご利用にあたっての注意】

  • 本サイトの情報及び本サイトからリンクされているサイトを利用したことによる結果についての責任は一切負いかねますので、ご了承下さい。
  • 内容及びアドレスは予告なく変更又は削除されることがあります。

    化学剤について | 健康危機管理関連情報ページ

    国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部