薬品部の概要および業績<平成12年>


概要
 平成12年度には,昨年度に引き続いた研究として,医薬品の品質規格に関する研究,製剤評価に関する研究,ならびに麻薬および依存性薬物に関する研究について試験・研究を実施した.また、新たにミレニアムプロジェクト(薬剤反応性遺伝子解析による疾病・創薬推進事業)に関連する研究を開始した.医薬品の品質規格に関する研究では,医薬品の分析法に関する研究,ならびに日本薬局方の規格および試験方法に関する研究を行った.製剤評価に関する研究では,生物学的同等性の評価に関する研究や生体試料中の薬物濃度測定の信頼性を確保するための研究,ならびに製剤中における医薬品の安定性を支配する因子を解明することにより,その安定性を予測し得る試験法を確立するための研究などを行った.麻薬および依存性薬物に関する研究では,血液,尿,毛髪などの生体試料中の乱用薬物の分析法に関する研究,毛髪や尿の分析による薬物使用の鑑定法の研究ならびに毛髪への乱用薬物の移行に関する研究などを行った.平成11年度から5省庁の共同プロジェクトとして始められたミレニアムプロジェクト(薬剤反応性遺伝子解析による疾病・創薬推進事業)の研究チームに鹿庭室長、香取両主任研究官が参加し,薬剤反応性遺伝子の多型解析に関する研究の一環として,ターゲットとする疾病の患者における薬物動態の検討を開始した.

 厚生省試験研究機関の再編がいよいよ来年の4月に迫ってきている.この再編では,国立公衆衛生院の衛生薬学部が当所に移管されることになっているが、これを機に同部を医薬品の安全性確保に関する業務を主体とする部として再編する方向が固まりつつある.この新しく設けられようとしている部の業務をどのようなものにするか、また、これまで衛生薬学部で行われてきた業務(特に、GMP関連の業務)をどこが引き継ぐのかなどの検討とも関連して、現在薬品部で行っている業務の見直しが必要となるものと考えられる.さらに、平成16年4月の大阪支所の医薬基盤技術研への再編が動かし難いものになるなど、変化の大波が次々に国立衛研に押し寄せてきており、これらの波を乗り越えていくための積極的な対応が求められているものと思われる.


業務成績
研究業績

薬品部のホームページへ