薬品部の概要および業績<平成11年度>


概要
 平成11年度にも,昨年度に引き続いて,医薬品の品質規格に関する研究,製剤評価に関する研究,ならびに麻薬および依存性薬物に関する研究について試験・研究を実施した.医薬品の品質規格に関する研究では,医薬品の分析法に関する研究,ならびに日本薬局方の規格および試験方法に関する研究を行った.製剤評価に関する研究では,生物学的同等性の評価に関する研究や溶出試験のキャリブレーションに関する研究,ならびに製剤中における医薬品の安定性を支配する因子を解明することにより,その安定性を予測し得る試験法を確立するための研究などを行った.また,麻薬および依存性薬物に関する研究では,血液,尿,毛髪などの生体試料中の乱用薬物の分析法に関する研究,毛髪や尿の分析による薬物使用の鑑定法の研究ならびに毛髪への乱用薬物の移行に関する研究などを行った.今年度から5省庁の共同プロジェクトとして始められたミレニアムプロジェクト(薬剤反応性遺伝子解析による疾病・創薬推進事業)にも,薬品部として積極的に参加することとし,ターゲットとする疾病の患者における薬物動態の検討を担当して,このプロジェクト研究に寄与するとともに,今後,薬品部が医薬品の有効性,安全性に関わる種々の研究課題に生化学的な側面からもアプローチしていける体制を整えていく端緒としたいと考えている.

 厚生省試験研究機関の再編に関しては,国立公衆衛生院の工学系部門の当所への移転が中止されるなど,再編の規模が平成7年のグランドデザイン案に比べて縮小されたものの,国立公衆衛生院研修部門の和光移転(平成14年4月)に伴い,医薬品部門では同院の衛生薬学部を当所が受け入れることになっていること,また,同じ時期に当所大阪支所をベースに基盤技術研究センターを設立して,独立行政法人化するとの構想も急浮上してきたことなど,これまでまだ先のことと考えてきた変化の波が間近に迫ってきており,これを乗り越えていくための積極的な対応が求められている.こうした中で,現在薬品部で行っている業務についても見直しを図っていく必要があると思われる.

業務成績
研究業績

薬品部のホームページへ