研究内容 / Research Activities

遺伝毒性の評価と解釈に関する研究
Study for assessment and implication of genotoxicity

 

食品添加物等の遺伝毒性発がんリスク評価法の開発
 Development of risk assessment strategy of genotoxic carcinogens for food additives

香料の遺伝毒性評価ストラテジーの構築
 Construction of risk assessment strategy of genotoxicity for flavours as food additives

遺伝毒性試験法の改良と新しい手法の開発に関する研究
Study for development of new assays and modification approach of genotoxicity tests

 

トランスジェニック動物を用いた遺伝子突然変異検出系の開発・改良
 Development and modification of transgenic rodents gene mutation assays

Pig-a遺伝子突然変異検出系の開発・改良
 Development and modification of Pig-a assay for gene mutation

培養肝細胞系を用いたin vitro遺伝子突然変異検出系の開発・改良
 Development and modification of in vitro gene mutation assay using hepatocyte

ホールゲノムシークエンスによる遺伝毒性検出法の研究
 Study of a new gene mutation assay using whole genome sequencing

経世代型遺伝毒性検出法の研究
 Study of gene mutation assay to detect germ cell or heritable mutagenicity

微生物を用いた食品由来変異原物質のスクリーニングおよび原因物質の同定
 Identification of mutagens derived from food and its screening method using bacteria

Ames試験を用いたナノ分子の遺伝毒性評価システムの確立に関する研究
 Genotoxicity assessment system for nano-materials using Ames test

酵母を用いたエピ変異原検出系の開発に関する研究
 Development of epi-mutagen detection system using yeast

遺伝毒性誘発機構に関する基盤的研究
Basic research for mechanism of genotoxicity

 

ライブセルイメージングによる染色体異常誘発機構の解明
 Determination of mechanism of chromosome aberration using a live cell imaging technique

一分子DNA付加体のトレーシングによる突然変異誘発機構の解明
(遺伝毒性の閾値の有無に関する基礎的研究)

 Determination of mechanism of mutagenicity by tracing of single DNA adduct
  (specifically for threshold of genotoxicity)

DNA付加体を部位特異的に含むDNAオリゴマーの構築法に関する研究
 Construction of DNA oligomers including specific DNA adducts at a specific locus

DNA構造位相変換制御と修復およびクロマチン制御のカップリング機構
 Molecular mechanism of DNA topoisomerase and transcription-coupled nucleotide excision repair

生活関連化学物質の遺伝毒性評価
Assessment of genotoxicity for chemicals related to daily life

 

ナノ物質の遺伝毒性評価
 Assessment of genotoxicity for nano-materials

香料の遺伝毒性評価
 Assessment of genotoxicity for flavours

化学物質の遺伝毒性予測に係わる構造活性相関に関する研究
Study of structure-activity relationship (SAR) for prediction of genotoxicity for chemicals

 

遺伝毒性試験データベースの構築
 Construction of big database for genotoxicity tests

(Q)SARによる遺伝毒性予測法の開発
 Development of strategy for prediction of genotoxicity using (Q)SAR



過去の研究

酸化損傷由来の突然変異に関与するDNAポリメラーゼに関する研究

改変したAmes試験菌株の有用性に関する研究

バクテリアの継代による突然変異の蓄積の推移に関する研究

アジ化物による変異誘発の分子機構の解明

ヒト遺伝子を導入した微生物を用いた新規変異原性試験法の開発

ヒトYファミリーDNAポリメラーゼに関する機能的解析

古細菌のDNAポリメラーゼの生化学的解析

DNA二本鎖切断(DSB)モデル細胞の構築と、DSB修復機構の解明

アクリルアミドの遺伝毒性評価


ページトップへ