Update 2017.4.5

変異遺伝部 第二室







 変異遺伝部第二室では、Ames試験等の微生物を用いた生物試験による化学物質の遺伝毒性評価に関する研究を行っています。これら試験法の改善ならびに新規試験法の開発に加え、遺伝毒性が誘発されるメカニズムの研究も進めています。

Staff

室 長
 杉山 圭一 (Kei-ichi Sugiyama, Ph.D.)

主任研究官
 グルーズ ピーター (Petr Grúz, Ph.D.)

非常勤職員
 
古沢 博子 (Hiroko Furusawa)

協力研究員
 清水 雅富 (Masatomi Shimizu, Ph.D.)




研究内容

 食品添加物等の遺伝毒性発がんリスク評価法の開発

 酵母を用いたエピ変異原検出系の開発に関する研究

 Ames株等を用いた過酸化脂質誘導性突然変異誘発機構に関する研究


What's new
新着情報

2017年4月 
Mutagenesis誌に「Detection of epigenetic mutagens including anthracene-derived compounds using yeast FLO1 promoter GFP reporter gene assay」が掲載されました。

2017年4月 
「酵母凝集反応を利用した新規エピジェネティック変異原検出法の開発」との演題で、日本農芸化学会2017年度大会においてトピックス賞を授与されました。

2016年8月     
Mutagenesis誌に「Epigenetic mutagen as histone modulator can be detected by yeast flocculation」が受理されました。

2016年5月
Molecular Basis of Nutrition and Aging誌にグルーズ主任研究官が「Lipid Peroxidation, Diet and the Genotoxicology of Aging」を著しました。

2016年1月
Genes and Environment誌に
「The strains recommented for use in the bacterial reverse mutation test (OECD guideline 471) can be certified as non-genetically modified organisms」が掲載されました。

2015年1月
Biochem Biophys Res Commun誌に
「Human DNA methyltransferase gene-transformed yeasts display an inducible flocculation inhibited by 5-aza-2'-deoxycytidine」が掲載されました。