1. 研究業務
  2. スタッフ
  3.   
  4. 研究内容
  5.   
  6. 最近の誌上発表

Updated 2017.4.5

研究業務

変異遺伝部第一室では、培養細胞などを用いるin vitroの系で、主に生活関連物質の変異原性もしくは遺伝毒性を検出する試験及びその評価、さらにメカニズムの研究を行っています。In vitro遺伝毒性試験を通じて、食品、化学物質等の安全性評価に貢献することを目指しています。

スタッフ

室   長  - 

主任研究官  安井 学  Manabu Yasui, Ph.D.

非常勤職員  鵜飼明子  Akiko Ukai, M.S.

派遣研究員  北澤愛莉  Airi Kitazawa, M.S.

研究内容

食品添加物等の遺伝毒性発がんリスク評価法の開発
(佐々研究助手が平成27年日本環境変異原学会でベストプレゼンテーション賞を受賞しました)


DNA付加体1分子が関わる遺伝子変異誘発機構の緻密性に関する研究


損傷乗り越えDNAポリメラーゼの機能解析


ナノマテリアルの安全性確認における健康影響評価手法に関する基礎的研究


ホールゲノムシークエンスによる遺伝毒性検出法の研究


TK6アッセイ共同研究


遺伝毒性試験データベースの構築


(Q)SARによる遺伝毒性予測法の開発


最近の誌上発表

      
  1. Sassa A, Ҫağlayan M, Rodriguez Y, Beard WA, Wilson SH, Nohmi T, Honma M, Yasui M. Impact of Ribonucleotide Backbone on Translesion Synthesis and Repair of 7,8-Dihydro-8-oxoguanine. J Biol Chem. 291, 24314-24323 (2016)
  2. Suzuki T, Yasui M, Honma M. Mutator phenotype and DNA double-strand break repair in BLM helicase-deficient human cells.Mol Cell Biol. 36, 2877-2889 (2016)
  3. Sassa A, Kanemaru Y, Kamoshita N, Honma M, Yasui M. Mutagenic consequences of cytosine alterations site-specifically embedded in the human genome. Genes and Environ 38,17 (2016)
  4. Sugiyama K, Yamada M, Awogi T, Hakura A, The strains recommended for use in the bacterial reverse mutation test (OECD guideline 471) can be certified as non-genetically modified organisms. Genes and Environ 38:2 (2016).

ページトップへ

変異遺伝部ホームページへ戻る