誌上発表

誌上発表

1.
Takabatake R, Takashima K, Kurashima T, Mano J, Furui S, Kitta K, Koiwa T, Akiyama H, Teshima R, Futo S, Minegishi Y
Interlaboratory Study of Qualitative PCR Methods for Genetically Modified Maize Events MON810, Bt11 and GA21, and CaMV P35S.
J AOAC Int. 2013;96:1-7.
2.
Minegishi Y, Mano J, Kato Y, Kitta K, Akiyama H, Teshima R
Development and evaluation of a novel DNA extraction method suitable for processed foods.
Jpn J Food Chem Safety. 2013;20:114-8.
3.
笠間菊子、小熊恭代、穐山 浩、鈴木達也、渡辺卓穂、小島幸一
ダイズおよびトウモロコシ抽出DNAの精製度の検討
日本食品化学学会誌 2013;20:203-8.
4.
Wakita K, Kuwabara H, Furusho N, Tatebe C, Sato K, Akiyama H
A Comparative Study of the Hydroxyl and Saponification Values of Polysorbate 60 in International Food Additive Specifications.
American Journal of Analytical Chemistry. 2014;5:199-204.
5.
Koizumi D, Shirota K, Akita R, Oda H, Akiyama H
Development and validation of a lateral flow assay for the detection of crustacean protein in processed foods.
Food Chemistry. 2014;150:348-52.
6.
Ohtsuki T, Sato K, Sugimoto N, Akiyama H
Absolute quantification of dehydroacetic acid in processed foods using quantitative 1H NMR.
Food Chemistry. 2013;141:1322-7.
7.
Tan K C, Wakimoto T, Takada K, Ohtsuki T, Uchiyama N, Goda Y, Abe I
Cycloforskamide, a cytotoxic macrocyclic peptide from the sea slug Pleurobranchus forskalii.
J Nat Prod. 2013;76:1388-91.
8.
Wakita K, Kuwabara H, Furusho N, Tatebe C, Sato K, Akiyama H
A Comparative Study of the Hydroxyl and Saponification Values of Polysorbate 60 in International Food Additive Specifications.
American Journal of Analytical Chemistry. 2014;5:199-204.
9.
Tada A, Ishizuki K, Iwamura J, Mikami H, Hirao Y, Fujita I, Yamazaki T, Akiyama H, Kawamura Y
Improvement of the Assay Method for Steviol Glycosides in the JECFA Specifications.
American Journal of Analytical Chemistry. 2013;4:190-6.
10.
Yoshida T, Terasaka K, Kato S, Bai F, Sugimoto N, Akiyama H, Yamazaki T, Mizukami H
Quantitative Determination of Carthamin in Carthamus Red by 1H-NMR Spectroscopy.
Chem Pharm Bull. 2013;61:1264-8.
11.
Mutsuga M, Yamaguchi M, Kawamura Y
Analysis of N-Nitrosamine Migration from Rubber Teats and Soothers.
American Journal of Analytical Chemistry. 2013;4:277-85.
12.
Mutsuga M, Yamaguchi M, Abe Y, Akiyama H
Evaluation of the Equality of Non-Polar Capillary Columns in GC/MS Analysis of Food Contact Plastics.
American Journal of Analytical Chemistry. 2013;4:476-87.
13.
Mutsuga M, Yamaguchi M., Kawamura Y
Quantification of isocyanates and amines in polyurethane foams and coated products by liquid chromatography–tandem mass spectrometry.
Food Science & Nutrition. 2014;2:156–63.
14.
Abe Y, Yamaguchi M, Mutsuga M, Akiyama H, Kawamura Y
Volatile Substances in Polymer Toys Made from Butadiene and Styrene.
American Journal of Analytical Chemistry. 2013;4:229-37.
15.
Abe Y, Yamaguchi M, Mutsuga M, Kawamura Y, Akiyama H
Survey of volatile substances in kitchen utensils made from acrylonitrile–butadiene–styrene and acrylonitrile–styrene resin in Japan.
Food Science & Nutrition. 2014;2:236–43.
16.
Kawamura Y, Etoh M, Hirakawa Y, Abe Y, Mutsuga M
Bisphenol A in domestic and imported canned foods in Japan.
Food Addit Contam A. 2014;31:330-340.
17.
Nakashima S, JI H, Yamagami T, Asai K, Kadokami K, Mutsuga M, Kawamura Y, Shinohara R, Arizono K
Development of novel GC/MS database for the determination of additives for food packaging into the processed foods.
Jpn J Food Chem Safety. 2013;20:42-51.
18.
岸 映里、尾崎麻子、大嶋智子、清水 充、河村葉子
マイクロウェーブ分解およびICP-MSを用いた合成樹脂製器具・容器包装中の有害元素の迅速分析法
日本食品化学学会誌 2013;20:105-113.
19.
羽石奈穂子、金子令子、植松洋子、河村葉子
ポリカーボネート製品中のトリエチルアミンおよびトリブチルアミン分析法
日本食品化学学会誌 2013;20:114-118.

総説

総説

1.
穐山 浩
きのこ毒の発生要因を考慮に入れたリスク評価方法の開発
食品衛生研究 2013;63:27-30.
2.
佐藤恭子
マーケットバスケット方式によるアルミニウム摂取量推定
JAFAN. 2014;33:323-34.
3.
杉本直樹
NMRによる天然有機化合物の正確な定量法の開発とその応用
和漢薬 2013;724:5-8.
4.
杉本直樹、穐山 浩
コチニール色素とアレルギー
公衆衛生 2013;7:833-7.
5.
多田敦子
天然由来食品添加物の成分組成に基づく基原推定
和漢薬 2013;725:3-5.
6.
河村葉子
国産及び輸入缶詰食品中のビスフェノールA
ILSI JAPAN 2014; 116:14-19.

学会発表

学会発表

1.
Akiyama H
Food additive regulations in Japan.
245th American Chemical Society (ACS) National Meeting and Exposition (2013.4)
2.
Akiyama H
An Update on Regulation of Food Additive in Japan.
The 80th Annual Meeting of Korean Society of Food Science and Technology (KoSFoST) (2013.8)
3.
穐山 浩
アルミニウムの摂取量
第29回食品化学シンポジウム(2013.10)
4.
穐山 浩、海老澤元宏
低分子化合物の食物アレルギー
第50回日本小児アレルギー学会(2013.10)
5.
穐山 浩
食品添加物のリスク管理と分析法について
第5回食品薬学シンポジウム(2013.11)
6.
穐山 浩
学術論文の読み方・書き方(主に英文).
第1回 日本食品衛生学会食品衛生研究者育成基礎セミナー(2014.2)
7.
大月典子、穐山 浩、工藤善、杉山圭一、阿部 裕、六鹿元雄、伊藤裕才、多田敦子、杉本直樹、渕野裕之、川原信夫、吉松嘉代
人工水耕栽培により生産した甘草の安全性評価に関する研究
第6回甘草に関するシンポジウム(2013.7)
8.
大月典子、杉本直樹、伊藤裕才、建部千絵、佐藤恭子、梅本尚之、深溝 慶、穐山 浩
カルミン酸とタンパク質の反応性に関する検討
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
9.
山内良子、小浜友紀子、島村智子、柏木丈拡、受田浩之、穐山 浩、松井利郎、石川洋哉
酸化防止剤評価における各種抗酸化測定法の相関
第62回日本食品保蔵科学会大会(2013.6)
10.
山元涼子、藤田 睦、山内良子、島村智子、柏木丈拡、受田浩之、穐山 浩、松井利郎、石川洋哉
Median Effect Analysisによるチオール化合物と各種抗酸化物の相互作用解析
第50回化学関連支部合同大会(2013.7)
11.
吉松嘉代、河野徳昭、乾 貴幸、渕野裕之、川原信夫、工藤 善、高橋 豊、新穂大介、田村幸吉、大月典子、穐山 浩
人工水耕栽培システムにより生産した甘草等漢方薬原料生薬の実用化に向けた実証的研究
第6回甘草に関するシンポジウム(2013.7)
12.
小俣洋奈、久木田卓弥、片山 茂、穐山 浩、中村宗一郎
THP-1由来樹状細胞を用いたアレルゲン性評価法のハプテン抗原への応用
日本動物細胞工学会2013年度大会(2013.7)
13.
中島光一、箕川 剛、張 慧利、森本隆司、伊藤澄夫、山川有子、穐山 浩
コチニール色素中のタンパク質検出のための前処理法開発
日本食品化学学会第19回総会・学術大会(2013.8)
14.
片山 茂、小俣洋奈、大月典子、穐山 浩、中村宗一郎
THP-1由来樹状細胞の抗原提示能を指標としたコチニール色素のアレルゲン性評価
日本食品化学学会第19回総会・学術大会(2013.8)
15.
高畠令王奈*、大西真理、小岩智宏、布藤 聡、峯岸恭考、穐山 浩、手島玲子、真野潤一、古井 聡、橘田和美
遺伝子組換えダイズ MON89788 (RRS2) 及び A2704-12 (LLS) の系統特異的検知法の開発と妥当性確認
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
16.
Suzuki A*1, Kasahara Y*2, Wada A*3, Duc HPN*3, Thuy QHB, Akiyama
Illudin S production in the vegetative mycelia of Omphalotus guepiniformis cultured in different conditions.
The Second International Conference on Integration of Science and Technology for Sustainable Development (ICIST) (2013.11)
17.
原田 晋、山川有子、杉本直樹、穐山 浩
ブラッドオレンジジュースによるコチニールアレルギー症例の報告
第43回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大
会(2013.12)
18.
佐藤 恭子
第3版食品中の食品添加物分析法に向けて
第105回日本食品衛生学会学術講演会(2013.5)
19.
佐藤 恭子
アルミニウムの摂取量
日本食品衛生学会 第16回特別シンポジウム(2013.9)
20.
佐藤恭子、建部千絵、岸 弘子、箕川 剛、伊藤澄夫、新藤哲也、小林千種、大石充男、渡部健二朗、中西 資、本田俊一、秋山 裕、田中麻紀子、櫻井有里子、笹尾忠由
食品添加物試験法 塩基性タール色素(オーラミンO、パラローズアニリンおよびローダミンB)
TLC、HPLCおよびLC-MS(/MS)による定性
日本薬学会第134年会(2014.3)
21.
久保田浩樹、滝川香織、関根百合子、工藤礼佳、氏家あけみ、酒井国嘉、川原るみ子、古謝あゆ子、國仲奈津子、宮本文夫、石井俊靖、寺見祥子、佐藤恭子、穐山 浩
マーケットバスケット方式による保存料及び着色料の一日摂取量調査
第50回全国衛生化学技術協議会年会(2013.11)
22.
久保田浩樹、寺見祥子、原 貴彦、平川佳則、飯塚太由*1、建部千絵、大槻 崇、佐藤恭子、穐山 浩
食品中の銅クロロフィリンナトリウム及び銅クロロフィル分析法の改良
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
23.
建部千絵、鐘 熙寧、小宮沙登美、大槻 崇、久保田浩樹、
佐藤恭子、穐山 浩
食品中の未指定塩基性タール色素の分析法の検討
第105回日本食品衛生学会学術講演会(2013.5)
24.
建部千絵、長谷川晴子、細川 晶、原 貴彦、安河内義和、佐藤恭子、穐山 浩
食用タール色素純度試験法の検証(1)
第50回全国衛生化学技術協議会年会(2013.11)
25.
大槻 崇、久保田浩樹、建部千絵、佐藤恭子、穐山 浩
固相抽出法を用いた柑橘類、りんご及びなし中のピリメタニル分析法の確立
日本食品化学学会第19回総会・学術大会(2013.8)
26.
Ohtsuki T, Sato K, Sugimoto N, Akiyama H
Absolute quantitative analysis of preservatives in processed foods by proton nuclear magnetic resonance spectroscopy.
5th Asia-Pacific NMR Symposium in Conjunction with ANZMAG2013 (2013.10)
27.
大槻 崇、佐藤恭子、杉本直樹、多田敦子、合田幸広、河村葉子、穐山 浩
qNMR による添加物定量用試薬の規格試験法について
第50回全国衛生化学技術協議会年会(2013.11)
28.
大槻 崇、鐘 煕寧、久保田浩樹、建部千絵、加藤友香理、寺田久屋、関戸晴子、岸 弘子、田原正一、植松洋子、佐藤恭子、穐山 浩
加工食品中のスクラロース分析における前処理法と分析手法の検討
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
29.
大槻 崇、小田琢磨、建部千絵、佐藤恭子、穐山 浩
ヘッドスペースGCを用いた食品中のイソプロパノール分析法
日本薬学会第134年会(2014.3)
30.
古庄紀子、関口若菜、伊藤道男、石黒 聡、西村 勉、山﨑 壮、建部千絵、伊藤裕才、多田敦子、大槻 崇、久保田浩樹、杉本直樹、佐藤恭子、穐山 浩
食品添加物公定書における鉛試験法の改正
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
31.
戸井田敏彦、東 恭平、建部(佐々木)千絵、佐藤恭子、穐山 浩
食品添加物のアルギン酸およびアルギン酸塩の定量法について
第105回日本食品衛生学会学術講演会(2013.5)
32.
杉本直樹、田原麻衣子、大槻 崇、多田敦子、伊藤裕才、佐藤恭子、五十嵐良明、合田幸広、穐山 浩
qNMR スペクトルライブラリの構築
第50回全国衛生化学技術協議会年会(2013.11)
33.
多田敦子、石附京子、末松孝子、有福和樹、伊藤裕才、大槻 崇、大月典子、吉松嘉代、川原信夫、山崎 壮、杉本直樹、穐山 浩
カンゾウ油性抽出物の成分組成に基づく解析
日本食品化学学会第19回総会・学術大会(2013.8)
34.
多田敦子、杉本直樹、伊藤裕才、秋山卓美、五十君靜信、山﨑 壮、穐山 浩
増粘安定剤の食品添加物公定書微生物限度試験法の検討
第50回全国衛生化学技術協議会年会(2013.11)
35.
多田敦子、石附京子、島村智子、受田浩之、深井俊夫、山﨑 壮、杉本直樹、穐山 浩
既存添加物カンゾウ油性抽出物の抗酸化活性要因と寄与率
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
36.
伊藤裕才、石附京子、多田敦子、杉本直樹、穐山 浩
既存添加物「カロブ色素」の成分解析
第105回日本食品衛生学会学術講演会(2013.5)
37.
Ito Y, Ishizuki K, Sekiguchi W, Tada A, Sugimoto N, Akiyama H
Identification and quantification of di-C-glycosylapigenins in carob germ flour.
The 6th International Conference on Polyphenols and Health (2013.10)
38.
伊藤裕才、石附京子、多田敦子、杉本直樹、穐山 浩
既存添加物「カロブ色素」の成分分析
第50回全国衛生化学技術協議会年会(2013.11)
39.
伊藤裕才、張替直樹、石附京子、関口若菜、多田敦子、四宮一聡、杉本直樹、穐山 浩
既存添加物「コチニール色素」中の新規微量色素成分の成分単離生成および構造決定
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
40.
石附京子、高田 大、多田敦子、伊藤裕才、大槻 崇、佐藤恭子、兎川忠靖、穐山 浩、杉本直樹
PULCON法とAQARI法によるqNMRの定量精度の比較評価
日本薬学会第134年会(2014.3)
41.
棚田千尋、井之上浩一、杉本直樹、閔 俊哲、轟木堅一郎、豊岡利正、穐山 浩
UPLCによるクチナシ黄色素の成分分析に関する検討
日本食品化学学会第19回総会・学術大会(2013.8)
42.
Nakajima N, Sugimoto N, Yoshikawa S, Ohki K, Kamiya M
A specific antifouling strategy of Sargassum siliquastrum (Phaeophyceae) against epiphytism of Neosiphonia harveyi (Rhodophyta).
10th International Phycological Congresses (2013.8)
43.
好村守生、天倉吉章、吉田隆志、多田敦子、伊藤裕才、杉本直樹、山﨑 壮、穐山 浩
既存添加物「ゲンチアナ抽出物」の成分研究
日本生薬学会第60回年会(2013.9)
44.
柴田 光、田中理恵、永津明人、多田敦子、伊藤裕才、杉本直樹、 穐山 浩
食品原料として用いられているキハダ抽出残渣に含有されるbereberineの定量
日本生薬学会第60回年会(2013.9)
45.
大森清美、多田敦子、石附京子、杉本直樹、浅野間正晴、山﨑 壮、穐山 浩
既存添加物「ジャマイカカッシア抽出物」の安全性に関する研究
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
46.
西川弘晃、井之上浩一、棚田千尋、杉本直樹、閔 俊哲、轟木堅一郎、穐山 浩、豊岡利正
荷電化粒子検出HPLC法によるレバン評価の検討
日本薬学会第134年会(2014.3)
47.
六鹿元雄、阿部 裕、山口未来、松山重倫、大畑昌輝、田中秀幸、城野克広、穐山 浩
器具・容器包装の規格試験における金属の標準原液と市販標準液の同等性確認
日本食品化学学会第19回総会・学術大会(2013.8)
48.
六鹿元雄、阿部 裕、河村葉子、阿部智之、石井里枝、伊藤裕子、大野浩之、大野雄一郎、尾崎麻子、柿原芳輝、岸 弘子、柴田 博、薗部博則、高坂典子、但馬吉保、田中 葵、野村千枝、疋田晃典、村上 亮、和田岳成、渡辺一成、穐山 浩
原子吸光光度法によるカドミウム及び鉛溶出試験の試験室間共同試験
第50回全国衛生化学技術協議会年会(2013.11)
49.
六鹿元雄、阿部智之、阿部 裕、石井里枝、伊藤裕子、大野浩之、大野雄一郎、尾崎麻子、柿原芳輝、金子令子、河村葉子、岸 弘子、柴田 博、薗部博則、高坂典子、但馬吉保、田中 葵、野村千枝、疋田晃典、村上 亮、和田岳成、渡辺一成、穐山 浩
合成樹脂製器具・容器包装におけるカドミウム及び鉛材質試験の試験室間共同試験
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
50.
Abe Y, Mutsuga M, Yamaguchi M, Ohno H, Kawamura Y, Akiyama H
Characterization and quantification of nylon oligomers in kitchen utensils.
127th AOAC Annual Meeting & Exposition (2013.8)
51.
阿部 裕、六鹿元雄、河村葉子、阿部智之、石井里枝、伊藤裕子、大野浩之、大野雄一郎、尾崎麻子、柿原芳輝、岸 弘子、柴田 博、薗部博則、高坂典子、但馬吉保、田中 葵、野村千枝、疋田晃典、村上 亮、和田岳成、渡辺一成、穐山 浩
ICP及びICP-MSによるカドミウム及び鉛溶出試験の試験室間共同試験
第50回全国衛生化学技術協議会年会(2013.11)
52.
阿部 裕、山口未来、六鹿元雄、穐山 浩、河村葉子
ポリウレタンンおよび繊維製玩具中のアミン類の分析
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
53.
Kawamura Y
Bisphenol A in Japanese canned foods.
245th American Chemical Society (ACS) National Meeting and Exposition (2013.4)
54.
Kawamura Y
Regulatory developments in food contact; an update from Japan.
Global Food Contact 2013 (2013.5)
55.
河村葉子、江藤政弘、平川佳則、阿部 裕、六鹿元雄
国産及び輸入缶詰中のビスフェノールA含有量の比較
日本食品化学学会第19回総会・学術大会(2013.8)
56.
大野浩之、鈴木昌子、金子令子、尾崎麻子、六鹿元雄、河村葉子
金属製焼き網被膜中の金属類の含有量及び溶出量
日本食品化学学会第19回総会・学術大会(2013.8)
57.
尾崎麻子、岸 映里、大嶋智子、長谷 篤、清水 充、河村葉子
ナノ銀抗菌剤使用表示のある合成樹脂製器具からの金属類の溶出
第106回日本食品衛生学会学術講演会(2013.11)
58.
大野浩之、河村葉子、有薗幸司、太田敬司、尾崎麻子、金子令子、羽石奈穂子、松井秀俊、三宅大輔、六鹿元雄
生活用品試験法 器具・容器包装および玩具試験法 1、3-ブタジエンのガスクロマトグラフィー/質量分析法による定性および定量
日本薬学会第134年会(2014.3)
59.
羽石奈穂子、河村葉子、有薗幸司、太田敬司、大野浩之、尾崎麻子、金子令子、松井秀俊、三宅大輔、六鹿元雄
生活用品試験法 器具・容器包装および玩具試験法 トリエチルアミンおよびトリブチルアミンの高速液体クロマトグラフィー/質量分析法による定性および定量
日本薬学会第134年会(2014.3)

単行本

単行本

穐山浩 『症例を通して学ぶ食物アレルギーのすべて』 南山堂 東京 pp.22-25 / .238-240 (2013)