誌上発表

誌上発表

1.
Watanabe-Ishitsuka A, Akiyama H, Kondo K, Obitsu S, Kawahara N, Teshima R, Goda Y: Determination of cyanogenic glycoside linamarin in cassava flour using liquid chromatography-tandem mass spectrometry.
Jpn J Food Chem Safety. 2011;19: 38-43.
2.
Ishizaki S, Sakai Y, Yano T, Ishihata K, Nakano S, Yamada T, Nagashima Y, Shiomi K, Nakao Y, Akiyama H
Specific Detection by Polymerase Chain Reaction (PCR) of Potentially Allergenic Salmonid Fish Residues in Processed Food.
Biosci Biotechnol Biochem. 2012;76: 980-5.
3.
Tsuruda S, Akaki K, Hiwaki H, Suzuki A, Akiyama H
Multiplex Real-Time PCR Assay for Simultaneous Detection of Omphalotus guepiniformis and Lentinula edodes.
Biosci Biotechnol Biochem. 2012;76: 1343-9.
4.
Akiyama H, Minegishi Y, Makiyama D, Mano, Sakata K, Nakamura K, Noguchi A, Takabatake R, Futo S, Kondo K, Kitta K, Kato Y, Teshima R
Quantification and Identification of Genetically Modified Maize Events in Non-Identity Preserved Maize Samples in 2009 Using an Individual Kernel Detection System.
Food Hyg Saf Sci. 2012;53(4): 157-65.
5.
Ito A, Taguchi T, Mogi T, Wake H, Tanaami, T, Akiyama H, Teshima R, Sasaki N, Yamada A, Ozeki, Y Comparison of Signal enhancement techniques using DNA microarrays for screening GM crops.
Jpn J Food Chem Safety. 2012;19(2): 141-7.
6.
吉松嘉代、河野徳昭、川原信夫、穐山 浩、手島玲、西島正弘
薬用及び環境浄化用遺伝子組換え植物の開発・生産に関する最近の動向
YAKUGAKU ZASSHI. 2012;132: 629-74
7.
Watanabe S, Taguchi H, Temmei Y, Hirao T, Akiyama H, Sakai S, Adachi R, Urisu A, Teshima R
Specific detection of potentially allergenic peach and apple in foods using polymerase chain reaction.
J Agric Food Chem. 2012;60: 2108-15.
8.
Mano J, Furui S, Takashima K, Koiwa T, Futo S, Minegishi Y, Akiyama H, Teshima R, Kurashima T*1, Takabatake R*1, Kitta K*1
Development and validation of event-specific quantitative PCR method for genetically modified maize MIR604.
Food Hyg Saf Sci. 2012;53: 166-71.
9.
笠間菊子、井上雪乃、穐山 浩、鈴木達也、坂田こずえ、中村公亮、大島赴夫、小島幸一、近藤一成、手島玲子
プラスミドDNAを用いた中国産安全性未承認遺伝子組換えコメ検査に関する外部精度管理調査.
日本食品化学学会誌 2012;19: 215-22.
10.
Katayama S, Kukita T, Ishikawa E, Nakashima S, Masuda S, Kanda T, Akiyama H, Teshima R, Nakamura S
Apple polyphenols suppress antigen presentation of ovalbumin by THP-1-derived dendritic cells.
Food Chem. 2013;138: 757-61.
11.
Yoshimura M, Akiyama H, Kondo K, Sakata K, Matsuoka H, Amakura Y, Teshima R, Yoshida T
Immunological Effects of Oenothein B, an Ellagitannin Dimer, on Dendritic Cells.
Int J Mol Sci. 2013;14: 46-56.
12.
Takabatake R, Onishi M, Koiwa T, Futo S, Minegishi Y, Akiyama H, Teshima R, Kurashima T, Mano J, Furui S, Kitta K
Development and Interlaboratory Validation of Quantitative Polymerase Chain Reaction Method for Screening Analysis of Genetically Modified Soybeans.
Biol Pharm Bull. 2013;36: 131-4.
16.
Sugimoto N, Yamaguchi M, Tanaka Y, Nakase Y, Nagase H, Akiyama H, Ohta K
The basophil activation test identified carminic acid as an allergen inducing anaphylaxis.
J Allergy Clin Immunol: In Practice.2012;1: 197-9
13.
河﨑裕美、大西有希子、建部千絵、佐藤恭子、穐山 浩、河村葉子
食品中のタール色素分析法の改良とマーケットバスケット試料への適用
日本食品化学学会誌2012;19: 136-40.
14.
Yokota A, Kubota H, Komiya S, Sato K, Akiyama H, Koshiishi I
Sensitive and Simple Determination of Bromate in Foods Disinfected with Hypochlorite Reagents Using High Performance Liquid Chromatography with Post-column Derivatization.
J Chromatogr A. 2012;1262: 219–22.
15.
Mikawa T, Kubota H, Ozeki Y, Yoshida M, Nakanishi T, Sato K, Akiyama H
Determination of sodium stearoyl lactylates in foods using HPLC after derivatization with 2-nitrophenyl hydrazine.
Jpn J Food Chem Safety. 2012;19: 178-84.
16.
Tokunaga H, Osako T, Sato K
Determination of Ethylene Glycol and Diethylene Glycol as the Adulterant in Concentrated Glycerin, Glycerin and Propylene Glycol.
J Jpn Cosmetic Sci Soc. 2012;36: 269-75.
17.
Kubota H, Sato K, Sasaki N, Kawamura Y, Ozeki Y, Akiyama H
Formation of volatile halogenated compounds in fresh-cut cabbage treated with sodium hypochlorite.
Jpn J Food Chem Safety. 2012;19: 94-103.
18.
Tatebe C, Ohtsuki T, Otsuki N, Kubota H, Sato K, Akiyama H, Kawamura Y
Extraction Method and Determination of Sudan I Present in Sunset Yellow FCF by Isocratic High-Performance Liquid Chromatography.
Am J Anal Chem 2012;3: 570-5.
19.
Ohtsuki T, Sato K, Sugimoto N, Akiyama H, Kawamura Y
Absolute quantitative analysis for sorbic acid in processed foods using proton nuclear magnetic resonance spectroscopy.
Anal Chim Acta.2012;734: 54-61.
20.
Ohtsuki T, Sato K, Sugimoto N, Akiyama H, Kawamura Y
Absolute quantification for benzoic acid in processed foods using quantitative proton nuclear magnetic resonance spectroscopy.
Talanta. 2012;99: 342-8.
21.
Tada A, Takahashi K, Ishizuki K, Sugimoto N, Suematsu T, Arifuku K, Tahara M, Akiyama T, Ito Y, Yamazaki T, Akiyama H, Kawamura Y
Absolute Quantitation of Stevioside and Rebaudioside A in Commercial Standards by Quantitative NMR.
Chem Pharm Bull. 2013;61: 33-8.
22.
Ito Y, Ishizuki K, Sekiguchi W, Tada A, Akiyama T, Sato K, Yamazaki T, Akiyama H
Analysis of Residual Solvents in Annatto Extracts Using a Static Headspace Gas Chromatography Method.
Am J Anal Chem. 2012;3: 638-45
23.
六鹿元雄、山口未来、平原嘉親、河村葉子
洗浄剤中のヒ素試験法および鉛試験法
日本食品化学学会誌 2012;19: 88-93.

総説

総説

1.
穐山浩:食品添加物公定書の課題と将来の展望
FFIジャーナル2012;217:351-3
2.
穐山 浩,大月典子:カロテノイド摂取と食物アレルギー発症の予防
Functional Food. 2013;6:191-7
3.
杉本直樹、田原麻衣子、末松孝子、三浦亨
NMRによる有機化合物の絶対定量の可能性
食品衛生学雑誌 2012;53:228-33
4.
伊藤裕才
フラボノイドの分離と検出
ぶんせき 2013;1:18-24
5.
河村葉子、六鹿元雄
食品用器具および容器包装の法規制-安全に使用するために-
食と健康 2012; 11, 52

学会発表

学会発表

1.
大月 典子、杉本 直樹、伊藤 裕才、建部 千絵、佐藤 恭子、梅本 尚之、深溝 慶、穐山 浩
カルミン酸とタンパクの反応性に関する検討
第106回日本食品衛生学会学術講演会 (2013.11)
2.
小俣洋奈、久木田卓弥、片山茂、大月典子、穐山浩、中村宗一郎
THP-1由来樹状細胞のハプテン抗原を標的としたアレルゲン性評価法の確立
第26回日本動物細胞工学会(2013.10)
3.
大月典子、穐山浩、工藤善、杉山圭一、阿部裕、六鹿元雄、伊藤裕才、多田敦子、杉本直樹、渕野裕之、川原信夫、吉松嘉代
人工水耕栽培により生産した甘草の安全性評価に関する研究
第6回甘草に関するシンポジウム (2013.8)
4.
穐山 浩、奥山貴則、松岡英樹、吉田 緑、戸井田敏彦、遠藤 仁
アデニン誘発性腎不全ラットへのスギヒラタケ由来シアノ配糖体画分の単回経口投与による毒性評価について
日本食品化学学会第18回総会・学術大会(2012.6)
5.
片山 茂、久木田卓弥、穐山 浩、中村宗一郎
THP-1由来樹状細胞の確立とアレルゲン評価への応用
日本食品化学学会第18回総会・学術大会(2012.6)
6.
穐山浩
食品添加物のリスク管理について-事故ゼロを目指すサイエンス-
第2回国立医薬品食品衛生研究所シンポジウム(2012.7)
7.
穐山 浩
第9版食品添加物公定書改定方針について
第49回全国衛生化学技術協議会年会(2012.11)
8.
安井千晶、平田麻梨重、奥山貴則、東 恭平、穐山 浩、戸井田敏彦
スギヒラタケ摂取による急性脳症の原因究明
日本薬学会第133年会(2013.3)
9.
Shoji M, Akiyama H
Food Allergen Labeling Regulation and its implementation in Japan.
ILSI Workshop on “Food Allergy: From Thresholds to Action Levels” (2012.9)
10.
Kukita T、 Katayama S、 Akiyama H、 Nakamura S
Establishment of an in vitro screening assay for allergenicity of proteins using dendritic cells differentiated from THP-1.
The International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (2012.12)
11.
Kimura Y, Katayama S, Tazawa S, Akiyama H, Teshima R, Nakamura S
Effects of feeding the buckwheat major allergens glycosylated with glucomannan on buckwheat allergy allergenicities.
The International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (2012.12)
12.
田中祐輔、中瀬裕子、杉本直也、戸田貴子、小島康弘、神山麻恵、吉原久直、倉持美知雄、田下浩之、新井秀宜、川上綾子、穐山 浩、長瀬洋之、山口正雄、大田 健
市販の飲料を原因としてアナフィラキシーショックを発症した1例
第62回日本アレルギー学会秋季学術大会(2012.11)
13.
原田 晋、山川有子、杉本直樹、穐山 浩
フランス製赤色マカロン摂取後に生じた、コチニール色素によるアナフィラキシーの2症例
第62回日本アレルギー学会秋季学術大会(2012.11)
14.
山口正雄、田中祐輔、中瀬裕子、杉本直也、戸田貴子、小島康弘、神山麻恵、吉原久直、倉持美知雄、田下浩之、新井秀宜、川上綾子、穐山 浩、長瀬洋之、大田 健
飲料によりアナフィラキシーを発症した症例における好塩基球の表面活性化マーカーCD203c発現およびヒスタミン遊離の解析
第19回日本免疫毒性学会学術大会(2012.9)
15.
横田あずさ、久保田浩樹、佐藤恭子、穐山 浩、輿石一郎
塩素殺菌処理された食材中臭素酸イオン分析法の開発
第25回バイオメディカル分析科学シンポジウム(2012.8)
16.
久木田卓弥、今井理恵、片山 茂、穐山 浩、中村宗一郎
THP-1由来樹状細胞を用いたアレルゲン性評価法の開発
日本農芸化学会中部支部第165回例会(2012.1)
17.
Mano J, Yanaka Y, Ikezu Y, Onishi M, Futo S, Minegishi Y, Ninomiya K, Yotsuyanagi Y, Spiegelhalter F, Akiyama H, Teshima R, Hino A, Naito S, Koiwa T, Takabatake R, Furui S, Kitta K
Group testing: An efficient approach for GMO quantitation on a weight basis.
The Monsoon Asia Agro-Environmental Research Consortium (2012.9)
18.
Takabatake R, Onishi M, Koiwa T, Futo S, Minegishi Y, Akiyama H, Teshima R, Kurashima T, Mano J, Furui S, Kitta K
Development and Interlaboratory Validation of Quantitative PCR Method for Screening Analysis of Genetically Modified Soybeans.
The Monsoon Asia Agro-Environmental Research Consortium (2012.9)
19.
大月典子、杉本直樹、多田敦子、伊藤裕才、東村 豊、山田敬子、竹内正樹、中川 誠、伊藤澄夫、穐山 浩
コチニール色素中の夾雑アレルゲンタンパク質検出法の確立
第104回日本食品衛生学会学術講演会(2012.9)
20.
古庄義明、本田宏子、建部千絵、佐藤恭子、穐山 浩
高選択性分子認識固相抽出及び吸光光度法を用いたタール色素中の鉛分析法の開発
第104回日本食品衛生学会学術講演会(2012.9)
21.
佐藤恭子、建部千絵、穐山 浩
タール色素及びタール色素アルミニウムレーキ規格試験法の検討(第2報)
第49回全国衛生化学技術協議会年会(2012.11)
22.
北村陽二、佐藤恭子、小川数馬、小阪孝史、Mohammad Amwar-ul AZIM、鵜野いずみ、三輪大輔、西村成美、畠中香奈芽、斎藤 寛、柴 和弘
確認試験の赤外スペクトル測定におけるATR法の適用に関する検討
日本薬学会第133年会(2013.3)
23.
久保田浩樹、武口 裕、滝川香織、畠山久史、関根百合子、佐藤睦実、西岡千鶴、氏家あけみ、酒井國嘉、川原るみ子、古謝あゆ子、佐久川さつき、鐘 熙寧、河﨑裕美、古庄紀子、建部千絵、大槻 崇、小宮沙登美、佐藤恭子、穐山 浩
マーケットバスケット方式による甘味料の一日摂取量調査
第49回全国衛生化学技術協議会年会(2012.11)
24.
建部千絵、 佐藤恭子、穐山 浩
タール色素及びタール色素アルミニウムレーキ規格試験法の検討(第1報)
第49回全国衛生化学技術協議会年会(2012.11)
25.
大槻 崇、佐藤恭子、阿部 裕、杉本直樹、穐山 浩
定量NMRを用いた加工食品中のアセスルファムカリウム分析法
日本食品化学学会第18回総会・学術大会(2012.6)
26.
大槻 崇、佐藤恭子、多田敦子、杉本直樹、合田幸広、河村葉子、穐山 浩
qNMRの食品中の食品添加物分析への応用
第49回全国衛生化学技術協議会年会(2012.11)
27.
Ohtsuki T, Sato K, Sugimoto N, Akiyama H
Absolute quantification for ascorbic acid and benzoic acid in foods using quantitative 1H NMR.
2012 ISNFF Conference and Exhibition (2012.12)
28.
Tsutsumi Y, Suematsu T, Sugimoto N, Tada A, Ohtsuki T
Combining qNMR and Liquid Chromatography: Purity with High Reliability.
11th International Conference on the applications of Magnetic Resonance in Food 2012 (2012.6)
29.
中嶋 登、杉本直樹、吉川伸哉、大城 香、神谷充伸
着生藻に対する褐藻ホンダワラ類の物理的・化学的阻害戦略の検証
第2回北陸植物学会大会(2012.6)
30.
中嶋 登、杉本直樹、吉川伸哉、大城 香、神谷充伸
ホンダワラ類15種における褐藻フロロタンニンの含有量と成分組成の比較
日本藻類学会第36回大会(2012.7)
31.
杉本直樹、田原麻衣子、大槻 崇、多田敦子、佐藤恭子、河村葉子、合田幸広、五十嵐良明、穐山 浩
qNMRスペクトルデータベース構築の検討
第49回全国衛生化学技術協議会年会(2012.11)
32.
中嶋 登、杉本直樹、吉川伸哉、大城 香、神谷充伸
紅藻キブリイトグサに対する褐藻ヨレモクの着生阻害機構
日本藻類学会第37回大会(2013.3)
33.
多田敦子、 石附京子、 関口若菜、 佐藤恭子、 建部千絵、 伊藤裕才、 山崎 壮、 穐山 浩
既存添加物植物性ステロールの残留溶媒試験法の検討
第104回日本食品衛生学会学術講演会(2012.9)
34.
多田敦子、石附京子、関口若菜、杉本直樹、穐山 浩
コメヌカ由来既存添加物3品目の成分規格設定に関する検討
第49回全国衛生化学技術協議会年会(2012.11)
35.
伊藤裕才
黄色タマネギ外皮由来の黄色色素の化学構造
第7回化学生態学研究会(2012.6)
36.
伊藤裕才、石附京子、関口若菜、多田敦子、秋山卓美、佐藤恭子、山崎 壮、穐山 浩
アナトー色素中の残留溶媒分析法の開発
日本食品衛生学会第104回学術講演会(2012.9)
37.
Ito Y, Ishizuki K, Sekiguchi W, Tada A, Akiyama T, Sato K, Yamazaki T, Akiyama H
Analysis of Residual Solvents in Annatto Extracts Using a Static Headspace Gas Chromatography Method.
126th AOAC Annual Meeting & Exposition (2012.9)
38.
伊藤裕才、山崎 壮、杉本直樹、穐山 浩
NMRとHPLCを併用したカテキン類のモル吸光係数比の算出法
第49回全国衛生化学技術協議会年会(2012.11)
39.
伊藤裕才、坂本祐実、杉本直樹、穐山 浩
赤タマネギ外皮に黄色色素は含まれているか?
日本農芸化学会2013年度大会(2013.3)
40.
Mutsuga M
An update on efforts for regulation of food packaging in Japan.
Global Food Contact 2012 (2012.5)
41.
六鹿元雄、阿部 裕、山口未来、河村葉子、穐山 浩
ナイロン製品中のオリゴマーの分析
第49回全国衛生化学技術協議会年会(2012.11)
42.
Mutsuga M, Yamaguchi M, Abe Y, Kawamura Y
Analysis of isocyanates and amines in laminate pouches.
5th International Symposium on Food Packaging (2012.11)
43.
阿部 裕、山口未来、六鹿元雄、河村葉子、穐山 浩
AS及びABS樹脂製器具中の揮発性物質の分析
第104回日本食品衛生学会学術講演会(2012.9)
44.
阿部 裕、山口未来、六鹿元雄、穐山 浩、河村葉子
スチレン系樹脂製玩具中の揮発性物質調査
第49回全国衛生化学技術協議会年会(2012.11)
45.
Abe Y, Yamaguchi M, Mutsuga M, Kawamura Y, Akiyama H
Volatile substances in AS and ABS kitchen utensils.
5th International Symposium on Food Packaging (2012.11)
46.
Kawamura Y
Migration testing of food contact materials in Japan.
5th Shelf Life International Meeting & Workshop on Food Packaging Safety (2012.5)
47.
河村葉子、江藤政弘、平川佳則*1、阿部 裕、六鹿元雄
国産缶詰中のビスフェノールA含有量と摂取量推定
第104回日本食品衛生学会学術講演会(2012.9)
48.
Kawamura Y, Etoh M, Hirakawa Y, Abe Y, Mutsuga M
Survey of bisphenol A in domestic canned foods in Japan.
5th International Symposium on Food Packaging (2012.11)
49.
Kawamura Y: Bisphenol A in Canned Foods.
6th Asian Conference on Food and Nutrition Safety (2012.11)
50.
大野浩之、鈴木昌子、六鹿元雄、河村葉子
イオンクロマトグラフ-ポストカラム法による金属製焼き網被膜中の6価クロム試験法の検討
第104回日本食品衛生学会学術講演会(2012.9)
51.
岸 映里、尾崎麻子、大嶋智子、清水 充、河村葉子
ICP-MSを用いた食品中のヨウ素分析法の検討
第104回日本食品衛生学会学術講演会(2012.9)
52.
羽石奈穂子、金子令子、植松洋子、河村葉子
ポリカーボネート製品中のトリエチルアミンおよびトリブチルアミン分析法の改良
第104回日本食品衛生学会学術講演会(2012.9)
53.
三宅大輔、早川賢治、河村葉子、有薗幸司、太田敬司、大野浩之、尾崎麻子、金子令子、羽石奈穂子、松井秀俊、六鹿元雄
生活用品試験法 器具・容器包装および玩具試験法 スチレンなどの揮発性物質のガスクロマトグラフィーによる定性および定量:o-ジクロロベンゼン法
日本薬学会第133年会(2013.3)

単行本

単行本

穐山浩 『食べ物と健康 食品の安全』 南江堂 東京 pp.215-216 (2012)

穐山浩 『管理栄養士講座新版食品衛生学』 建帛社 東京 pp.208-211(2013)

河村葉子 『食べ物と健康 食品の安全』 南光堂 東京 pp.5-7/ 7-9/ 16-9,/197-203(2013)
第2章 食品衛生と法規 A:食品の安全とリスクアナリシス B:食品安全基本法と食品衛生法 E:食品の国際規格
第9章 食品の器具と容器包装