誌上発表

誌上発表

1.
Nagai Y, Kawano S, Motoda K, Tomida M, Tatebe C, Sato K, Akiyama H: Solubility Testing of Sucrose Esters of Fatty Acids in International Food Additive Specifications.
Biol. Pharm. Bull. 2017;40;284–289.
2.
Suzuki I, Kubota H, Terami S, Hara T, Hirakawa Y, Iizuka T, Tatebe C, Ohtsuki T, Yano T, Sato K, Akiyama H: Development of an analytical method for copper chlorophyll and sodium copper chlorophyllin in processed foods.
Jpn. J. Food Chem. Safety 2016;23:55–62.
3.
Suzuki I, Kubota H, Ohtsuki T, Tatebe C, Tada A, Yano T, Akiyama H, Sato K: An IC-MS/MS method for the determination of 1-hydroxyethylidene-1,1-diphosphonic acid on uncooked foods treated with peracetic acid–based sanitizers.
Chem. Pharm. Bull. 2016;64:1713–1719.
4.
Nishizaki Y, Ishizuki K, Akiyama H, Tada A, Sugimoto N, Sato K: Preparation of a ammonia-treated lac dye and structure elucidation of its main component.
Food Hyg. Saf. Sci. 2016;57:193–200.
5.
Nakajima N, Sugimoto N, Ohki K, Kamiya M: Diversity of phlorotannin profiles among sargassasacean species affecting variation and abundance of epiphytes.
Eur. J. Phycol. 2016;70:797–802.
6.
Takahashi M, Nishizaki Y, Sugimoto N, Takeuchi H, Nakagawa K, Akiyama H, Sato K, Inoue K: Determination and purification of sesamin and sesamolin in sesame seed oil unsaponified matter using reversed-phase liquid chromatography coupled with photodiode array and tandem mass spectrometry and high-speed countercurrent chromatography.
Sep. Sci. 2016;39:3898–3905.
7.
阿部裕,山口未来,六鹿元雄,穐山 浩,河村葉子:ポリウレタン,ナイロンおよび布製玩具中の芳香族第一級アミン類および着色料の調査.
日本食品衛生学雑誌 2016;57:23–31.
8.
Abe Y, Mutsuga M, Ohno H, Kawamura Y, Akiyama H: Isolation and quantification of polyamide cyclic oligomers in kitchen utensils and their migration into various food simulants.
PLoS ONE 2015;11:e0159547.
9.
阿部裕,六鹿元雄,河﨑裕美,山口未来,佐藤恭子,穐山 浩:器具・容器包装の溶出試験における試験溶液調製時の温度制御に関する検討.
日本食品化学学会誌 2016;23:81–89.
10.
園部博則,六鹿元雄,阿部 孝,阿部智之,阿部 裕,大坂郁恵,大野春香,大野浩之,大野雄一郎,大畑昌輝,尾崎麻子,柿原芳輝,小林 尚,柴田 博,関戸晴子,高坂典子,竹中佑,但馬吉保,田中葵,外岡大幸,中西徹,野村千枝,羽石奈穂子,早川雅人,疋田晃典,松山重倫,三浦俊彦,山口未来,渡辺一成,佐藤恭子,穐山浩:ポリスチレン製器具・容器包装における揮発性物質試験の試験室間共同試験.
食品衛生学雑誌 2016;57:169–178.
11.
渡辺一成,六鹿元雄,阿部孝,阿部智之,阿部裕,大坂郁恵,大野春香,大野浩之,大野雄一郎,尾崎麻子,柿原芳輝,小林尚,近藤貴英,柴田博,城野克広,関戸晴子,園部博則,高坂典子,但馬吉保,田中葵,田中秀幸,中西徹,野村千枝,羽石奈穂子,早川雅人,疋田晃典,三浦俊彦,山口未来,佐藤恭子,穐山 浩:ナイロン製器具・容器包装におけるカプロラクタム試験の試験室間共同試験.
食品衛生学雑誌 2016;57:222–229.

総説

総説

なし。

学会発表

学会発表

1.
佐藤恭子,古庄紀子,吉川宏,山本隆志,岡村弘之,彌勒地義治,関谷史子:天然香料の使用量調査研究.
第112回日本食品衛生学会学術講演会(2016.10)
2.
多田敦子:有効性及び含有成分組成に基づく天然添加物の品質評価に関する研究.(奨励賞受賞講演)
日本食品化学学会 第22回総会・学術大会(2016.6)
3.
久保田浩樹,関根百合子,田村志帆,杉木幹雄,宮川弘之,田原正一,山本純代,植松洋子,林千恵子,本郷猛,氏家あけみ,安永恵,中島安基江,安部かおり,小川尚孝,川原るみ子,仲間幸俊,古謝あゆ子,恵飛須則明,小金澤望,寺見祥子,熊井康人,多田敦子,佐藤恭子:平成27年度マーケットバスケット方式による食品添加物の一日摂取量調査.
第53回全国衛生化学技術協議会年会(2016.11)
4.
建部千絵,久保田浩樹,多田敦子,佐藤恭子:キレート樹脂固相カートリッジを用いた2価の陽イオンを含む食品添加物中の鉛試験法の開発.
日本食品化学学会 第22回総会・学術大会(2016.6)
5.
建部千絵,久保田浩樹,多田敦子,佐藤恭子:食品添加物公定書における塩化物試験法に関する検討.
第2回次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム(2016.9)
6.
建部千絵,久保田浩樹,多田敦子,佐藤恭子:鉄イオンを含む食品添加物中の鉛分析法の検討.
第112回日本食品衛生学会学術講演会(2016.10)
7.
古庄紀子,鐘煕寧,建部千絵,久保田浩樹,多田敦子,穐山浩,佐藤恭子:過酢酸製剤並びにその構成成分1-ヒドロキシエチリデン-1,1-ジホスホン酸及びオクタン酸の規格試験法の検討.
第112回日本食品衛生学会学術講演会(2016.10)
8.
鈴木一平,久保田浩樹,大槻崇,吉田充哉,吉田美佳,佐々木祐子,建部千絵,多田敦子,穐山浩,佐藤恭子:食品中の過酢酸製剤実態調査.
第53回全国衛生化学技術協議会年会(2016.11)
9.
高橋未来,多田敦子,西﨑雄三,杉本直樹,竹内弘明,中川一弥,穐山浩,井之上浩一:高速向流クロマトグラフィーによるゴマ油不けん化物からの高純度セサミンおよびセサモリンの単離精製.
日本食品化学学会 第22回総会・学術大会(2016.6)
10.
西﨑雄三,國井成則,小西良子,穐山浩,井原俊英,加藤尚志,多田敦子,杉本直樹,佐藤恭子:qNMR/LCから求めた相対感度係数を適用したカルミン酸定量分析法の検討.
日本食品化学学会 第22回総会・学術大会(2016.6)
11.
西﨑雄三,穐山浩,多田敦子,杉本直樹,佐藤恭子:定量NMRに基づく相対感度係数を用いた4-アミノカルミン酸定量分析法の検討
第53回全国衛生化学技術協議会年会(2016.11)
12.
石附京子,西﨑雄三,多田敦子,箕川剛,中島光一,穐山浩,杉本直樹,佐藤恭子:既存添加物クチナシ青色素の色素生成メカニズムの解明:前駆体の構造決定.
日本食品化学学会 第22回総会・学術大会(2016.6)
13.
石附京子,西﨑雄三,杉本直樹,佐藤恭子:13C-qNMRによる定量分析の検討.
第53回全国衛生化学技術協議会年会(2016.11)
14.
天倉吉章,吉田晴菜,杉脇秀美,好村守生,多田敦子,西﨑雄三,杉本直樹,佐藤恭子,穐山浩:既存添加物「生コーヒー豆抽出物」の成分研究.
日本食品化学学会 第22回総会・学術大会(2016.6)
15.
藤原裕未,水野舞,永津明人,杉本直樹,西﨑雄三,多田敦子,穐山浩:定量 NMR による生薬チョウジ中の eugenol の定量.
日本生薬学会第63回年会(2016.9
16.
斎藤直樹,北牧祐子,大塚聡子,西﨑雄三,杉本直樹,井原俊英:定量NMR法における不純物の重なる信号に対するクロマトグラフィーを併用した新規評価法の確立.
日本分析化学会 第65年回(2016.9
17.
黒江美穂,山﨑太一,斎藤直樹,中村哲枝,沼田雅彦,西﨑雄三,杉本直樹,井原俊英:新規定量法であるqNMR/LC法による非イオン界面活性剤標準液の濃度評価.
55NMR討論会(2016.11
18.
芝﨑健悟,交久瀬綾香,石附京子,西﨑雄三,兎川忠靖,末松孝子,黒江美穂,山﨑太一,斎藤直樹,井原俊英,杉本直樹,佐藤恭子:qNMR/LCを用いたlycopeneの新規定量法の開発.
日本薬学会第137年会(2017.3)
19.
六鹿元雄,阿部孝,阿部智之,阿部裕,大野春香,大野浩之,大野雄一郎,尾崎麻子,柿原芳輝,小林尚,柴田博,関戸晴子,薗部博則,但馬吉保,田中葵,中西徹,野村千枝,羽石奈穂子,早川雅人,疋田晃典,三浦俊彦,山口未来,渡辺一成,穐山浩,佐藤恭子:器具・容器包装の溶出試験における試験溶液調製操作の試験室間共同試験.
日本食品化学学会 第22回総会・学術大会(2016.6)
20.
Mutsuga M, Abe Y, Yamaguchi M, Sato K: Interlaboratory study on migration test for food contact material.
6th International Symposium on Food Packaging (2016.11)
21.
阿部裕,山口未来,六鹿元雄,穐山浩,佐藤恭子:DART-MS/MSを用いたポリ塩化ビニル中のフタル酸エステル類の迅速スクリーニング法の開発.
日本食品化学学会 第22回総会・学術大会(2016.6)
22.
阿部裕,山口未来,阿部智之*1,大野浩之*2,六鹿元雄,佐藤恭子:カプロラクタム試験におけるピーク形状改善のためのGC測定条件の検討.
112回日本食品衛生学会学術講演会(2016.10
23.
Abe Y, Kobayashi N, Mutsuga M, Kishi E*1, Ozaki A*1, Sato K: Determination of formaldehyde and acetaldehyde levels in PET-bottled mineral water using a rapid and simple analytical method.
6th International Symposium on Food Packaging (2016.11)
24.
山口未来,木嶋麻乃,阿部裕,伊藤裕才,六鹿元雄,佐藤恭子:ポリ塩化ビニル製玩具中の可塑剤使用実態調査.
日本食品化学学会 第22回総会・学術大会(2016.6
25.
山口未来,阿部裕,六鹿元雄,佐藤恭子:フタル酸エステル類の溶出挙動に関する研究.
第112回日本食品衛生学会学術講演会(2016.10)
26.
大野浩之,六鹿元雄,阿部智之,阿部裕,天野保希,石原絹代,大坂郁恵,大野春香,大野雄一郎,尾崎麻子,柿原芳輝,小林尚,近藤貴英,櫻木大志,柴田博,城野克広,関戸晴子,高坂典子,竹中佑,但馬吉保,田中葵,田中秀幸,中西徹,野村千枝,羽石奈穂子,早川雅人,三浦俊彦,山口未来,渡辺一成,佐藤恭子:器具・容器包装における蒸発残留物試験の試験室間共同試験(その1).
112回日本食品衛生学会学術講演会(2016.10
27.
大野浩之,六鹿元雄,阿部智之,阿部裕,天野保希,石原絹代,大坂郁恵,大野春香,大野雄一郎,尾崎麻子,柿原芳輝,小林尚,近藤貴英,櫻木大志,柴田博,城野克広,関戸晴子,高坂典子,竹中佑,但馬吉保,田中葵,田中秀幸,中西徹,野村千枝,羽石奈穂子,早川雅人,三浦俊彦,山口未来,渡辺一成,佐藤恭子:器具・容器包装における蒸発残留物試験の試験室間共同試験(その2).
112回日本食品衛生学会学術講演会(2016.10
28.
中西徹,河村葉子,阿部裕,六鹿元雄:植物油総溶出量試験法の改良 その5 改良試験法の試験室間共同試験.
112回日本食品衛生学会学術講演会(2016.10
29.
阿部智之,阿部裕,山口未来,大野浩之,六鹿元雄,佐藤恭子:揮発性物質試験におけるスチレンメモリー現象に関する検討.
112回日本食品衛生学会学術講演会(2016.10
30.
尾崎麻子,岸映里,大嶋智子,角谷直哉,阿部裕,六鹿元雄,山野哲夫:食品用ラミネートフィルムに含まれる残留有機溶剤の分析.
112回日本食品衛生学会学術講演会(2016.10
31.
Ozaki A, Kishi E, Ooshima T, Kakutani N, Abe Y, Mutsuga M, Yamano T: Determination of elements and residual solvents in laminated films used for food packaging.
6th International Symposium on Food Packaging (2016.11)
32.
Kishi E, Ozaki A, Ooshima T, Abe Y, Mutsuga M, Yamano T: Multielements analysis in polyethylene terephthalate (PET) bottles used for beverages in Japan.
6th International Symposium on Food Packaging (2016.11)
33.
Nakanishi T, Kawamura Y, Sugimoto T, Abe Y, Mutsuga M: Improvement of the test methods for overall migration into vegetable oil.
6th International Symposium on Food Packaging (2016.11)

単行本

単行本

1.
佐藤恭子:“健診・人間ドックハンドブック改訂6版”,4 サプリメントと食品添加物 2.食品添加物の基礎知識,日野原重明監修,(株)中外医学社,東京,pp.385-395(2016)
2.
杉本直樹:“物理系薬学 III. 機器分析・構造決定”,第6章 核磁気共鳴(NMR),(公社)日本薬学会編集,(株)東京化学同人,東京,pp.197-206(2016)
3.
Ohtsuki T, Tada A, Tahara M, Suematsu T, Sugimoto N: “Applications of NMR spectroscopy, volume 4”, Chapter 5 Applications of quantitative 1H NMR in food-related analysis, eds., Rahman AU and Choudhary MI, Bentham Science Publishers, Sharjah, UAE, pp.222-262 (2016)