生活衛生化学部 イミノクタジン・ジクワット・パラコート妥当性評価SOP

イミノクタジン・ジクワット・パラコート 妥当性評価SOP

固相抽出-LC/MS/MSによる一斉分析法(別添方法21)

1. 試薬

  • (1) チオ硫酸ナトリウム
  • (2) 精製水
    • 測定対象成分を含まないもの.
  • (3) アセトニトリル
    • 測定対象成分を含まないもの.
  • (4) メタノール
    • 測定対象成分を含まないもの.
  • (5) ギ酸(99v/v %)
    • 測定対象成分を含まないもの.
  • (6) pH3.6ギ酸アンモニウム酸緩衝液(0.15 mol/L)
    • ギ酸アンモニウム 9.45 gを900 mLの精製水で溶解し,ギ酸(5.6 mL)でpH 3.6に調整後,精製水で1000 mLとする.
  • (7) イミノクタジン標準原液(1000 mg/L)
    • イミノクタジン三酢酸塩標準品(C18H41N7・3CH3COOH, 分子量535.72)15.1 mgをポリプロピレン製メスフラスコに採り,アセトニトリル/ギ酸(90:10)混合液を加えて10 mLに定容したもの.
  • (8) ジクワット標準原液(1000 mg/L)
    • 二臭化ジクワット一水和物標準品 (C12H12Br2N2・H2O, 分子量362.06)19.7 mgをポリプロピレン製メスフラスコに採り,精製水を加えて10 mLに定容したもの.
  • (9) パラコート標準原液(1000 mg/L)
    • パラコートジクロリド標準品(C12H14Cl2N2, 分子量257.16)13.8 mgをポリプロピレン製メスフラスコに採り,精製水を加えて10 mLに定容したもの.
  • (10) 農薬混合標準液①(イミノクタジン,ジクワット,パラコート:各10 mg/L)
    • 各農薬の標準原液100 μLを同じポリプロピレン製メスフラスコに採り,精製水を加えて10 mLに定容したもの.
  • (11) 農薬混合標準液②(イミノクタジン,ジクワット,パラコート:各1 mg/L)
    • 農薬標準液①1 mLをポリプロピレン製メスフラスコに採り,精製水を加えて10 mLに定容したもの.
  • (12) 農薬混合標準液③(イミノクタジン,ジクワット,パラコート:各100 μg/L)
    • 農薬標準液②1 mLをポリプロピレン製メスフラスコに採り,精製水を加えて10 mLに定容したもの.
  • (13) 農薬混合標準液④(イミノクタジン,ジクワット,パラコート:各10 μg/L)
    • 農薬標準液③1 mLをポリプロピレン製メスフラスコに採り,精製水を加えて10 mLに定容したもの.

2. 検査試料水の調製

  • (1) ポリプロピレン製容器に水道水を25 mL採取する.なお,残留塩素が含まれている場合には,試料水500 mLに対してチオ硫酸ナトリウム20 mgを加えてよく撹拌し脱塩素処理を行う.
  • (2) 各農薬濃度0.5 μg/L(3農薬の目標値の約1/10),および0.05 μg/L(3農薬の目標値の約1/100)の検査試料水を作製する.
    • ●各農薬濃度0.5 μg/Lの検査試料水(前処理で50倍に濃縮するため,試料溶液中の各農薬濃度は25 μg/L):農薬標準液③125 μLを採り,水道水25 mLに添加する.
    • ●各農薬濃度0.05 μg/Lの検査試料水(前処理で50倍に濃縮するため,試料溶液中の各農薬濃度は2.5 μg/L):農薬標準液④125 μLを採り,水道水25 mLに添加する.
  • (3) 農薬標準液添加後の検査試料水は,撹拌した後で,以下の「3. 前処理」および「4. 分析」の操作を行う.
  • (4) また,空試験として,(1)の手順により脱塩素処理を行った水道水25 mL(農薬混合標準溶液未添加)を使用して,同様に以下の「3. 前処理」および「4. 分析」の操作を行う.
  • ※各濃度において5回試験を行い,試験結果を報告書に記載する.
  • ※全ての操作において,検査試料水と触れる容器および器具はポリプロピレン製のものを使用する(ガラス製のものを用いないこと).

3. 前処理

  • (1) 固相抽出カラムにメタノール3 mL,精製水 3 mLを順次注入する.
  • ※固相カラムはOasis WCX(60 mg/3cc 30 μm,Waters)もしくはこれと同等の性能を有するものを用いる.
  • (2) リザーバーに検査試料水25 mLを採取し毎分2~3 mLの流量で固相カラムに通水する.
  • (3) 洗ビンの精製水約3 mLでリザーバーを洗いこみ,次いでメタノール約1 mLをパスツールで採りリザーバーを洗いこんで固相抽出カラムを洗浄し、洗浄液は捨てる.
  • (4) リザーバーを外して,固相抽出カラムの上端からアセトニトリル/ギ酸(90:10)混合液2.5 mLを緩やかに流し,ポリプロピレン製の試験管に採る.
  • (5) 試験管内の溶出液に窒素ガスを緩やかに吹き付けて0.1 mL程度に濃縮し,アセトニトリル/ギ酸(90:10)混合液で0.5 mLに定容し,これを試験溶液とする.
  • ※全ての操作において,検査試料水と触れる容器および器具はポリプロピレン製のものを使用する(ガラス製のものを用いないこと).

4. 分析

  • (1) 上記の前処理操作で得られた試験溶液の一定量を表1および表2の測定条件を参考にLC/MS(/MS)に注入する
  • (2) 各農薬のモニターイオンのピークの保持時間が標準物質と一致することを確認し,ピーク面積を求める.
  • (3) (2)で求めた各農薬のモニターイオンのピーク面積から,空試験のピーク面積を差し引いた後,下記「5. 検量線の作成」の操作により得られた検量線を用いて試験溶液中の各農薬濃度を求める.
  • (4) (3)で求めた試験溶液中の各農薬濃度を,前処理の濃縮倍率(50倍)で除して,検査試料水中の各農薬濃度を算定する.

表1. LC/MS/MS測定条件の例

機器 項目 設定値
LC 
    
分離カラム  Atlantis HILIC Silica(2.1 mm x 100 mm,粒径3 μm,Waters)
カラム温度 40℃ 
移動相A 150 mMギ酸アンモニウム緩衝液(pH3.6)
移動相B アセトニトリル
移動相条件 A:B = 50:50
移動相流量 0.4 mL/min 
注入量 20 μL
MS/MS イオン化法 ESI(正イオン測定モード) 


表2. 各農薬のモニターイオンの例

測定対象物質 プリカーサイオン(m/z) プロダクトイオン(m/z)
イミノクタジン 179 69, 100
ジクワット 92, 183, 184 128, 130, 156, 157
パラコート 93, 171, 185, 186 77, 170, 171 

5. 検量線の作成

  • (1) 以下の操作により,表2に示すSTD1~STD6の検量線用標準溶液を調製する.
    • ●STD1 (1.0 μg/L) :農薬混合標準溶液③100 μLをポリプロピレン製メスフラスコに採り,アセトニトリル/ギ酸(90:10)混合液を加えて10 mLに定容する.
    • ●STD2 (2.0 μg/L) :農薬混合標準溶液③200 μLをポリプロピレン製メスフラスコに採り,アセトニトリル/ギ酸(90:10)混合液を加えて10 mLに定容する.
    • ●STD3 (5.0 μg/L) :農薬混合標準溶液③500 μLをポリプロピレン製メスフラスコに採り,アセトニトリル/ギ酸(90:10)混合液を加えて10 mLに定容する.
    • ●STD4 (10 μg/L) :農薬混合標準溶液②100 μLをポリプロピレン製メスフラスコに採り,アセトニトリル/ギ酸(90:10)混合液を加えて10 mLに定容する.
    • ●STD5 (20 μg/L) :農薬混合標準溶液②200 μLをポリプロピレン製メスフラスコに採り,アセトニトリル/ギ酸(90:10)混合液を加えて10 mLに定容する.
    • ●STD6 (50 μg/L) :農薬混合標準溶液②500 μLをポリプロピレン製メスフラスコに採り,アセトニトリル/ギ酸(90:10)混合液を加えて10 mLに定容する.
  • (2) 検量線用標準溶液のブランクには、アセトニトリル/ギ酸(90:10)混合液を使用する.
  • (3) 上記(1)および(2)で調製した検量線用標準溶液を,「4. 分析」の操作によって試料溶液と同様に分析し,各農薬の検量線を作成する.
  • ※検量線は繰り返し測定(n=3~5)を行い,各濃度の再現性 (RSD)および検量線の直線性を確認する.
  • ※全ての操作において,標準溶液と触れる容器および器具はポリプロピレン製のものを使用する(ガラス製のものを用いないこと).

関連情報

  • 小林憲弘,久保田領志,佐々木俊哉,五十嵐良明:水道水中のイミノクタジン・ジクワット・パラコートのLC/MS/MS一斉分析法の開発.環境科学会誌,28(2), 117–125 (2015).
  • 小林憲弘,久保田領志,齋藤信裕,木村謙治,宮﨑悦子,平林達也,水田裕進,木村慎一,宮本紫織,大倉敏裕,中村弘揮,粕谷智浩,古川浩司,塚本多矩,市川千種,髙原玲華,林田寛司,京野完,佐久井徳広,山本五秋,齊藤香織,五十嵐良明:水道水中のイミノクタジン・ジクワット・パラコートLC/MS/MS一斉分析法の妥当性評価.環境科学会誌,29 (1), 3–16 (2016).