前へ
次へ

研究概要

近年の再生医療や幹細胞に関する研究の急速な進展によって、人工多能性幹細胞(iPS細胞)、胚性幹細胞(ES細胞)、培養体性幹細胞などの細胞から成り、再生医療・細胞治療で使用することを目的とした医療製品(細胞加工製品)の開発が行われるようになり、これまで不治とされていた難病や疾患の治療に大きな期待が寄せられている。
 再生・細胞医療製品部では、これらの先端的な細胞加工製品の品質・安全性・有効性を確保するための試験法の開発と評価、ならびにこれらに関連する基礎的研究を行っている。

ページのトップへ戻る