国際化学物質安全性カード
コバルトカルボニル
ICSC:0976
COBALT CARBONYL
ピアレビュー:2014/04/11
ジコバルトオクタカルボニル
コバルトテトラカルボニル
オクタカルボニルジコバルト
Dicobalt octacarbonyl
Cobalt tetracarbonyl
Octacarbonyldicobalt
CAS登録番号:10210-68-1
RTECS番号:GG0300000
国連番号:3124
EC番号:−
EINECS番号:233-514-0
化学式:C8O8Co2 / (OC)3Co(CO)2Co(CO)3
分子量:341.9
災害/
暴露のタイプ
一次災害/急性症状 予防 応急処置/消火活動
火災 自己発熱。空気に暴露すると自然発火することがある。可燃性。火災時に刺激性あるいは有毒なフュームやガスを放出する。 裸火禁止。酸化剤との接触禁止。 水噴霧、粉末、泡消火剤、二酸化炭素を使用する。
爆発
身体への暴露 粉塵の拡散を防ぐ!作業環境管理を厳密に!
吸入 咽頭痛、咳、息切れ、息苦しさ。 局所排気、呼吸用保護具を使用する。 新鮮な空気、安静、半座位。直ちに医療機関に連絡する。
皮膚 発赤、痛み。 保護手袋、保護衣。 汚染された衣服を脱がせる。洗い流してから水と石鹸で皮膚を洗浄する。
痛み、充血。 呼吸用保護具と併用して、安全ゴーグルまたは眼用保護具を着用する。 数分間多量の水で洗い流し(できればコンタクトレンズをはずして)、医療機関に連絡する。
経口摂取 咽頭痛。「注」参照。 作業中は飲食、喫煙をしない。 口をすすぐ。コップ1、2杯の水を飲ませる。医療機関に連絡する。
漏洩物処理 包装・表示
・危険区域から立ち退く!
・専門家に相談する!
・個人用保護具:自給式呼吸器
・こぼれた物質をふた付きの密閉式容器内に掃き入れる
・湿らせてもよい場合は、粉塵を避けるために湿らせてから掃き入れる
・地域規則に従って保管・処理する
・気密
・破損しない包装
・破損しやすい包装のものは密閉式の破損しない容器に入れる
・食品や飼料と一緒に輸送してはならない
・EU分類
・国連分類
国連危険物分類:6.1; 4.2; 国連包装等級:I
・GHS分類
注意喚起語:危険
自己発熱;火災のおそれ
吸入すると生命に危険
飲み込むと有害
呼吸器系への刺激のおそれ
「注」参照
緊急時対応 貯蔵
・耐火設備
・酸化剤から離しておく
・密封
・適切な貯蔵条件に付いてメーカーの指示を参照のこと
重要データ
≪物理的状態;外観≫
橙色の結晶。

≪物理的危険性≫


≪化学的危険性≫
加温すると分解する。空気の影響下で分解する。有毒な一酸化炭素およびコバルトのフュームを生じる。酸化剤と反応する。火災の危険を生じる。

≪許容濃度≫
TLV (Coとして):0.1 mg/m3 (TWA); (ACGIH 2014)。
MAK値は設定されていない:(DFG 2013)。
≪暴露の経路≫
体内への吸収経路:吸入および経口摂取。

≪吸入の危険性≫
20℃で気化すると、空気が汚染されて、やや遅く有害濃度に達する;しかし拡散すると、かなり急速に達する。

≪短期暴露の影響≫
本物質は眼および皮膚を刺激する。本物質は気道を重度に刺激する。吸入すると、肺水腫を引き起こすことがある。「注」参照。
これらの影響は遅れて現われることがある。医学的な経過観察が必要である。

≪長期または反復暴露の影響≫
物理的性質 環境影響データ
・52℃で分解する
・融点:51℃
・密度(20℃):1.7 g/cm3
・水への溶解度(20℃):溶けない
・蒸気圧(20℃):約200 Pa
・ 肺水腫の症状は 2〜3 時間経過するまで現われない場合が多く、安静を保たないと悪化するため、安静と経過観察が不可欠である
・ この物質に暴露したときの健康への影響は十分に調べられていない
・ いくつかの製造業者は、この物質に他の影響(アレルギー皮膚反応、発がん、生殖毒性、特定標的臓器毒性(反復暴露後)あるいは長期水生環境有害性)を表示しているが、これらのGHS分類を指示する十分なデータは認められなかった
付加情報

IPCS
International
Programme on
Chemical Safety
WHO ILO EC
Prepared in the context of cooperation between the International Programme on Chemical Safety and the European Commission
© IPCS 2004-2012
LEGAL NOTICE
Neither the EC nor the IPCS nor any person acting on behalf of the EC or the IPCS is responsible for the use which might be made of this information.

ICSCホームページへもどる

国立医薬品食品衛生研究所