国際化学物質安全性カード

ネオン ICSC番号:0627
ネオン
NEON
圧力容器
Ne
原子量:20.2
CAS登録番号:7440-01-9
RTECS番号:QP4450000
ICSC番号:0627
国連番号:1065
災害/
暴露のタイプ
一次災害/
急性症状
予防 応急処置/
消火薬剤
火災 不燃性。加熱すると、破裂の危険を伴う圧力上昇が起こる。

周辺の火災時:適切な消火薬剤を用いる。
爆発

火災時:水を噴霧して圧力容器を冷却する。
身体への暴露


吸入 めまい、 感覚鈍麻、 頭痛、 窒息。
換気。
新鮮な空気、安静。人工呼吸が必要なことがある。体調がよくないと感じた場合は、医療機関に連絡する。
皮膚





経口摂取


漏洩物処理 貯蔵 包装・表示
・個人用保護具:自給式呼吸器。
・換気。

・建物内にある場合、耐火設備(条件)。
・換気のよい場所に保管。

・国連危険物分類(UN Hazard Class):2.2
・GHS分類
  注意喚起語:警告
  シンボル:ガスボンベ
  加圧ガス;熱すると爆発のおそれ


重要データは次ページ参照
ICSC番号:0627 Prepared in the context of cooperation between the International Programme on Chemical Safety & the Commission of the European Communities © IPCS CEC 1993












国際化学物質安全性カード

ネオン ICSC番号:0627











物理的状態; 外観:
無色、無臭の圧縮ガス

物理的危険性:
この気体は空気より軽い。

化学的危険性:


許容濃度:
TLV:単純性窒息性ガス(ACGIH 2007)

MAKは設定されていない。

暴露の経路:


吸入の危険性:
容器を開放すると、閉ざされた場所では空気中の酸素濃度が低下して、窒息を起こすことがある。

短期暴露の影響:
窒息。

長期または反復暴露の影響:


物理的性質
・沸点:−246.1℃
・融点:−248.7℃
・水への溶解性:非常に溶けにくい。
・相対蒸気密度(空気=1):0.69
環境に関する
データ

・他の国連番号:1913 (深冷液体)。国連危険物分類(UN Hazard Class):2.2。
・空気中の濃度が高いと酸素の欠乏が起こり、意識喪失または死亡の危険を伴う。
・区域内に入る前に酸素濃度を測定する。
Transport Emergency Card(輸送時応急処理カード):TEC(R)−20G1A
付加情報


ICSC番号:0627
更新日:2007.11
ネオン
© IPCS, CEC, 1993

ICSCホームページへもどる

国立医薬品食品衛生研究所