アンモニア(無水物)
ICSC:0414
AMMONIA (ANHYDROUS)
ピアレビュー:2013/10/04
無水アンモニア R717
Refrigerant gas 717
CAS登録番号:7664-41-7
RTECS番号:BO0875000
国連番号:1005
EC番号:007-001-00-5
EINECS番号:231-635-3
化学式:NH3
分子量:17.0
災害/
暴露のタイプ
一次災害/急性症状 予防 応急処置/消火活動
火災 引火性。圧力容器は火災により爆発することがある。 裸火禁止、火花禁止、禁煙。 周辺の火災時:適切な消火剤を使用する。
爆発 気体/空気の混合気体は爆発性である。 密閉系、換気、防爆型電気および照明設備。 火災時:水を噴霧して圧力容器を冷却する。
身体への暴露 あらゆる接触を避ける! いずれの場合も医師に相談!
吸入 灼熱感、咳、息苦しさ、息切れ、咽頭痛。 換気、局所排気または呼吸用保護具を使用する。 新鮮な空気、安静。半座位。酸素処置が必要な場合がある。直ちに医療機関に連絡する。
皮膚 発赤、痛み、水疱、皮膚熱傷。
液体に触れた場合:凍傷。
保温手袋、保護衣。 少なくとも15分間多量の水かシャワーで皮膚を洗い流す。
凍傷の場合:衣服は脱がせず、多量の水で洗い流す。医療機関に直ちに連絡する。
発赤、痛み、重度の熱傷。
液体に触れた場合:凍傷。
呼吸用保護具と併用して、顔面シールドまたは眼用保護具を着用する。 数分間多量の水で洗い流し(できればコンタクトレンズを外す)、直ちに医療機関に連絡する。
経口摂取
漏洩物処理 包装・表示
・危険区域から立ち退く!
・専門家に相談する!
・個人用保護具:自給式呼吸器付気密化学保護衣
・換気
・できれば圧力容器の栓を閉める
・ガスが離散するまでその区域を隔離する
・細かな噴霧水を用いてガスを除去する
・液体に向けて水を噴射してはならない
・EU分類
記号:T, N; R:10-23-34-50;
S:(1/2)-9-16-26-36/37/39-45-61; Note:U
・国連分類
国連危険物分類:2.3;
国連の副次的危険性による分類:8
・GHS分類
注意喚起語:危険
可燃性の高いガス
加圧ガス(熱すると爆発のおそれ)
吸入すると有毒
重篤な皮膚の薬傷・眼の損傷
水生生物に非常に強い毒性
緊急時対応 貯蔵
・NFPA(米国防火協会)コード:H(健康有害性)3; F(燃焼危険性)1; R(反応危険性)0 ・耐火設備
・酸化剤、酸およびハロゲン類から離しておく
・冷所
・換気のよい部屋に保管
重要データ
≪物理的状態;外観≫
刺激臭のある無色の気体または圧縮液化ガス。

≪物理的危険性≫
この気体は空気より軽い。

≪化学的危険性≫
水銀、銀および金酸化物と混合すると、衝撃に敏感になる。 本物質は強塩基であり、 酸と激しく反応し腐食性を示す。 強酸化剤、ハロゲンおよび他の多くの物質と激しく反応する。 銅、アルミニウム、亜鉛およびこれらの合金を侵す。 水に溶解すると熱を放出する。 大部分の有機化合物、無機化合物と反応し、火災および爆発の危険をもたらす。

≪許容濃度≫
TLV:25 ppm (TWA); 35 ppm (STEL); (ACGIH 2013)。
MAK:20 ppm, 14 mg/m3; ピーク暴露限度カテゴリー: I(2); 妊娠のリスクグループ: C; (DFG 2013)。
≪暴露の経路≫
体内への吸収経路:吸入。

≪吸入の危険性≫
容器を開放すると、空気中でこの気体はきわめて急速に有害濃度に達する。

≪短期暴露の影響≫
この液体が急速に気化すると、凍傷をきたすことがある。 眼、皮膚および気道に対して腐食性を示す。 暴露するとのどが腫れ、窒息することがある。 吸入すると、眼や気道に腐食の影響が現われてから肺水腫を起こす場合がある。

≪長期または反復暴露の影響≫
反復または慢性的な蒸気の吸入により、上気道の慢性炎症を起こすことがある。 反復または長期の暴露により肺が冒され、慢性閉塞性肺疾患(COPD)をきたす場合がある。

物理的性質 環境影響データ
・沸点:−33℃
・融点:−78℃
・比重(水=1):0.7 (−33℃)
・水への溶解度:54 g/100ml (20℃)
・蒸気圧:1013 kPa (26℃)
・相対蒸気密度(空気=1):0.60
・発火温度:630℃
・爆発限界:15〜33.6 vol% (空気中)
・水生生物に対して強い毒性がある
・環境中に放出しないように強く勧告する
・アンモニアは、通常、シリンダ内で圧縮された液化状態で供給される
・ICSC番号 0215(水酸化アンモニウム(10%〜35%溶液))も参照のこと
・圧力容器が漏出しているときは、液化気体の散逸を防ぐため、洩れ口を上にする
付加情報

IPCS
International
Programme on
Chemical Safety
WHO ILO EC
Prepared in the context of cooperation between the International Programme on Chemical Safety and the European Commission
© IPCS 2004-2012
LEGAL NOTICE
Neither the EC nor the IPCS nor any person acting on behalf of the EC or the IPCS is responsible for the use which might be made of this information.

ICSCホームページへもどる

国立医薬品食品衛生研究所